«  2015年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2013年2月21日

子供の虫歯治療は大人の治療と多少差があります。 乳歯の場合、永久歯と異なり、歯質的にもタンパク質が多く虫歯の進行が早いです。 また、そのため虫歯を発見した時点で神経の治療をする

ことも多いです。また、レジンと呼ばれる白い詰め物も乳歯だと接着性が弱く取れやすいのも特徴

です。 また、大人と異なり痛みに対する反応も違います。 小児歯科と呼ばれる所以はそういったところにあるかもしれません。

/小児歯科ならわかば歯科/


2012年8月 5日

当院での小児歯科の考えなんですが。 無理やりおさえつけたりするような治療は

できれば避けたいと思っています。 痛みが強くどうしても治療しなければならない場合は

例外として通常はお子様の気持ちを大事にしたいと考えています。 3,4歳とはいえ子供

は大人が考えている以上に話せばわかるものだと思います。 子供の感情、気持ちを無視して

親が気になるという理由で虫歯を今治療してくれとおっしゃる方がいますがお子様の気持ち

を尊重してゆっくり治療ができるまで待ってあげた方がいいのではないでしょうか? いつの間に

治療ができるようになったというお子様たくさんいますよ。

/小児歯科ならわかば歯科/


2012年8月 2日

歯科治療は他の医科的疾患と異なるせいでしょうか。 説明を十分にしても理解して頂けない

方がいます。 自分がこうしたいとおっしゃる方がいます。 お子様の治療

でもどうしても気になるから目立たないように治療してほしいとか目の前で泣き叫んでいるのに

も関わらず抜歯を今して欲しいなど。 お子様の年齢的なこともあるので広くお子様の気持ちを汲ん

でほしいと思うんですよ。 今治療ができなくても何か月、何年か経つと治療が急にできる子もい

ますから。 

/小児歯科ならわかば歯科/


2012年1月 7日

 お子様のいる方は歯科医院や内科や小児科にいかに子供を連れていくかというのが

 大変だと思います。 大人からすると必要なことでも子供はできるだけ痛いところには

 いきたくないものです。 恐怖心が勝るのだと思います。

 当院ではなるべく子供にたった治療を心掛けています。 トラウマにならないように少しずつ

 気長につきあって今治療ができなくても何か月後には治療ができるようにしていきたい

 と思っています。 

 当院には毎日のように歯医者が苦手なお子様が来院していますのでご心配なく。

 /小児歯科ならわかば歯科/


 

2011年7月11日

7月7日に七夕祭りをお子様のために開催しました。 沢山のご応募ありがとうございました。

歯科医院とういうと子供にとっては大の苦手なところだと思います。

わかば歯科ではこれからもイベントを開催し歯科医院という怖いイメージを払しょく

するように頑張っていきたいと思います。

/痛みの少ない歯医者ならわかば歯科/

2011年4月28日

小児歯科のつづきです。
 
Q3:フッ素塗布は効果ありますか?

A3:歯科医院でのフッ素塗布は虫歯予防に効果あります。
   市販のフッ素より濃度も高く年3回程度で十分効果を発揮します。

Q4:子供が歯ブラシをさせてくれない

A4:アニメの歯ブラシなどでカミカミさせて遊ばせたりDVDなどにも歯ブラシ
   の練習している物がありますので無理やりでなく少しずつ。


/小児歯科ならわかば歯科/


2011年4月26日

小児歯科でいくつかお子様のご両親から相談が多いものをQ&Aで述べていきます。

Q1:前歯が白濁している、奥歯に黒い点がある。

A1:白濁している場合初期虫歯の可能性もありますが、必ずしも虫歯でない可能性もあります。
   レントゲン、レーザー診断器での歯科医院での受診、診断をお勧めします。

Q2:指しゃぶりはいつまで?
 
A2:3,4歳といわれていますが、長期間指しゃぶりが続くと開口といい噛み合わせがよくないことに
   なる可能性があります。 できれば少しずつ止めていくのがよろしいかと思います。

/小児歯科ならわかば歯科/


2011年4月18日

花粉が多く飛散しています。 最近ではお子様でも花粉症が流行っています

鼻が詰まっていると鼻で呼吸するより口を開けて呼吸することになります。

口呼吸ですと唇の歯への圧力(口唇圧)がかかりずらくなり出っ歯になったり

開口となり歯並びが悪くなる可能性があります。 耳鼻科に通院したりマスク

をしてでかけることをお子様にも勧めたいと思います。


/床矯正ならわかば歯科/


2011年4月 4日

4月に入りだいぶ暖かくなってきました。 桜もちらほら咲き始めてきました。

停電もだいぶ中止になり例年通りになりはじめました。 東北地方の方も

早く普段通りの生活が行えるように切に願っています。

本日、上顎の床矯正(扇形拡大床)を7歳のお子様に装着致しました。 歯並びが

悪いと虫歯、歯周病、肩こりなどの不定主訴を引き起こしますのでできるだけ

早い年齢で行う床矯正治療は効果的であると考えます。

http://www.wakabadc.jp/


2011年3月31日

今、春休みで震災と停電、原発による放射能汚染様々な要因で実家が九州や名古屋などの

お子様のいる方は自主避難されている方が多くいます。 やはり、飲み水や空気など汚染

されていると不安ですよね。 早く収まることを祈ることしかできません。 治療途中のお子様の

虫歯の治療を早く再開したいと思っています。

http://www.wakabadc.jp/

2011年3月10日

わかば歯科の小児歯科 スマイルクラブ 特典があっておすすめです。

フッ素塗布無料、歯ブラシ指導、使った歯ブラシの無料進呈だけでなくポケモンの

歯の健康ノート、がちゃがちゃなどお子様が進んで歯科医院に受診できるように

配慮しています。 

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月 9日

自分の子供頃といえば、歯医者といえば混んでいて痛い思いをするところというイメージがありまし
た。 実際、自分が歯科医になって虫歯だらけという子供は大変少なくなりました。 予防という考え
が自分と同じ世代に広がっているためだと思います。 虫歯がなくてもフッ素塗布をしたりクリーニングをしに歯医者に行くことは大変重要であります。 

当院でもスマイルクラブがあり子供の歯を虫歯にしないように努力していきたいと思っています。 

http://www.wakabadc.jp/

小児歯科
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業