«  2015年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« あけましておめでとうございます(八千代市、千葉市、船橋市の歯科医院) | メイン | インプラントオペ(八千代市、千葉市、船橋市でインプラント) »

2015年1月 9日

 本日、70代女性。 左上奥歯3本欠損の部位に2本のインプラントオペを行いました。

 採血してCGF作製。 歯科CTで確認したところ上顎洞までの距離が7ミリ前後とあまり

 ないのでショートインプラント8ミリを使用しました。 上顎洞までギリギリ 骨を削って歯科CT確認。今回は拳上を2ミリとしてのでピエゾでなくソケットリフターで簡単に拳上しました。 8ミリのインプラントを少し深めに埋入。 小臼歯部位には12ミリのインプラントを使用して歯科CTで方向を
十分に確認してインプラント埋入。 2本とも初期固定35Nを獲得。 CGFメンブレンを入れてナート
して終了としました。 対合歯との関係性ばかりを求めてインプラントを埋入するとインプラントの骨の中の位置がかなり頬側によってしまいます。 そこは歯科CTで確認して妥協しながら行うか大幅な骨造成するかがポイントとなります。 今回は70代でそこまで審美性に拘っていないので多少の妥協してがらインプラントオペを行いました。 おそらく術後の痛みや腫れはあまりないのではないでしょうか。
/八千代緑が丘 ICOI fellowship わかば歯科/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wakabadc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/999

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業