«  2013年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2013年2月28日

今日2人の出っ歯の主訴の患者さんの状態を確認しました。 一人目はFKOという装置で顎の位置

を大きく修正して今は2段仕込みの床矯正装置で奥歯がしっかりかみこむように調整しています。

この2装置だけで見た目的にもだいぶよくなりました。 もう一人はヘッドギアと呼ばれる固定性

装置で臼歯を奥に引っ込めて今後ブラケットで配列する予定です。 6歳臼歯を奥に送り込むと

乳歯を含めてブロック移動を起こすのか全体的に出っ歯も気にならなくなったとご両親にいわれまし

た。 患者さんの状況、状態、年齢によって使う装置がさまざまあります。 

/床矯正ならわかば歯科/


今日2人の出っ歯の主訴の患者さんの状態を確認しました。 一人目はFKOという装置で顎の

位置を大きく修正して今は2段仕込みの床矯正装置で奥歯がしっかりかみこむように調整してい

ます。この2装置だけで見た目的にもだいぶよくなりました。 もう一人はヘッドギアと呼ばれる固

定性装置で臼歯を奥に引っ込めて今後ブラケットで配列する予定です。 6歳臼歯を奥に送り込

むと乳歯を含めてブロック移動を起こすのか全体的に出っ歯も気にならなくなったとご両親にい

われました。 患者さんの状況、状態、年齢によって使う装置がさまざまあります。 

/床矯正ならわかば歯科/


2013年2月26日

 以前勤務していたアピタ歯科でのインプラント治療をした患者さん。 おつきあいは10年になります。 そのころに行ったインプラントが10年経っていたって問題ありません。 それとは別の歯が
傷みだしてインプラントを希望されました。 一度インプラントの良さ、耐久性などを実感されると
再度インプラントを希望される患者さんが多くいます。

/インプラントならわかば歯科/


2013年2月24日

8歳女の子 主訴;前歯がガタガタしている、反対になっている  御両親で来院されて床矯正

治療の説明をしたところ開始することになりました。 ここ最近はあまり説明しなくても床矯正治療

を始めるお子様が増えてきています。 当院や他院で床矯正治療をお知り合いがしているからで

はないでしょうか? 主催者の鈴木先生が床矯正治療を文化にしたいとセミナーでおっしゃてい

ましたが八千代市でも少しづつ認知されてきているのだと思います。 来週、スタッフ全員で鈴木

歯科医院を見学して学べるところは学んできたいと思います。

/床矯正ならわかば歯科/


2013年2月23日

 2か月前に下の前歯6本の所に2本インプラントを埋入しました。 今日は2本抜歯して2本の

インプラントがインテグレーションしているのを確認後テンポラリーアバットメントと抜歯部位に

レーザー照射してバイオス転入しソケットプリザベーションを行いました。 2か月後にもう1本

インプラントを追加して仕上げる予定です。 前歯など審美性が要求される部位には時間をかけて

なおかつ現状の見た目が悪くならないよう処置します。

/インプラントならわかば歯科/


2013年2月22日

先月、受け口と歯のガタガタを主訴に来院された8歳男の子。 機能的な反対咬合で家族性、遺伝的な要素は見当たりませんでした。 トリガーは恐らく低位舌が原因で受け口を発症させたようでした。 先月から前方移動装置を装着しねじを週3回回してもらいまいした。 1か月で当たっていなかった前歯が当たり始めていました。 あと3か月もあれば被蓋(上下の前歯の重なり)が改善すると思います。 それと低位舌の習癖を自覚させ食事指導を開始しました。 

半年後には見た目ががらりと変わると思います。  受け口の治療はできるだけ早くが基本です。

様子を見ても治ることは滅多にありません。 様子を見ていては時間とお金の浪費につながります。

/床矯正ならわかば歯科/


2013年2月21日

子供の虫歯治療は大人の治療と多少差があります。 乳歯の場合、永久歯と異なり、歯質的にもタンパク質が多く虫歯の進行が早いです。 また、そのため虫歯を発見した時点で神経の治療をする

ことも多いです。また、レジンと呼ばれる白い詰め物も乳歯だと接着性が弱く取れやすいのも特徴

です。 また、大人と異なり痛みに対する反応も違います。 小児歯科と呼ばれる所以はそういったところにあるかもしれません。

/小児歯科ならわかば歯科/


2013年2月18日

同様なブログを何回か書いていて繰り返しになります。 床矯正相談が増えていてその中でも

もう少し様子をみたいとおっしゃる方もいます。 また、中学生以降の矯正相談も増えてきました。

床矯正のみで治療を終了するのには9歳が限界です。 10歳以降になると床矯正のみで終了

できませんのでブラケットを含めたワイヤー矯正が主体となります。 非抜歯治療は可能ですが

時間と費用が8歳で相談されるのと10歳以降ですと2,3倍変わります。 できるだけ抜歯をせずに

費用もかけないでやるのであればできれば6,7,8歳という年齢が大事になります。様子を見ても

よくなることは歯科矯正ではありません。

/床矯正ならわかば歯科/


2013年2月16日

今日、インプラント相談が1件、床矯正相談が1件でした。 インプラント治療の場合は最近の傾向は

ご紹介か当院で通院している方つまり信頼関係がある方が多いように感じます。 床矯正相談

は今日は臼井市から来院されました。 この方もご紹介です。 床矯正治療は目の前でよくなるのが

実感できる治療なので周りの方も関心をもっているのではないでしょうか?  

床矯正治療の来院されている方は臼井市、習志野市、千葉市、船橋市と広域にわたっています。

/床矯正ならわかば歯科/


2013年2月15日

2か月前から受け口の4歳の男の子にムーシールドを装着して効果を確認しています。

先月の時点で受け口が切端咬合となり前歯が合わさるようになりました。今月では

わずか2か月で上の歯が下の歯の前に出るようになりました。

骨格的な要因でなく舌の癖の子は治るのが早いです。

/床矯正ならわかば歯科/


2013年2月11日

昨日は休診させて頂きご迷惑おかけしました。 日本口腔インプラント学会に参加してきました。

オペ時に緊急処置と救命措置について学んできました。 高齢者の患者さんがインプラントを希望

することが多い近年、薬の副作用や高血圧、糖尿病など内科的疾患など医科的分野も学ぶ必要性

があります。

/インプラントならわかば歯科/


2013年2月 9日

 10歳を超えると床矯正治療だけでは限界があります。 その場合は通常のワイヤー矯正となります。今日、中学2年生の女の子 主訴;歯がガタガタ の患者さんのバンドを装着してワイヤーを

全部の歯に装着しました。 歯を抜かないこと前提としてストリッピング(歯をやすりで削る)と
クオドヘリクスという顎を拡大させる固定装置で行いました。 時間はかかりますが1年もあれば

綺麗に歯が並びます。 

当院では床矯正に準じてできるだけ格安で矯正治療をおこなっております。

/矯正歯科ならわかば歯科/


2013年2月 8日

 70代男性 主訴:物が噛みずらい 下の歯が犬歯以外ぐらぐらでご本人の希望は入れ歯入れたくないとのこと。 今日は6本のインプラントを同時に埋入しました。 1本は抜歯即時で他は通常埋入でした。 切開、剥離、抜歯、人工骨添加、インプラント埋入、ナート全部込みで1時間で終了しました。

/インプラントならわかば歯科/


2013年2月 7日

矯正治療をする前か後に親不知は抜歯が必要か?

親不知があると歯を押すことがあります。そのためかみ合わせが変わる可能性がありますので

確実に親不知を抜歯する必要があります。 矯正の専門医でとりあえず歯を並べておいてあとは

一般歯科や口腔外科で親不知を抜いて下さいという依頼があります。 簡単な親不知であれば

いいのですが下顎管に近い場合や歯が完全に斜めになっていて抜くのに非常に難儀が予想される

場合もあります。 当然、術後(抜歯後)かなりの痛みや腫れが予想されます。 できれば矯正医も

そこまで想定して説明してもらいたいものです。 その結果、矯正治療をやめる患者さんもいるかも

しれませんがその方が患者さんにとっていいのではないかと思います。

/矯正歯科ならわかば歯科/


2013年2月 5日

60代女性主訴;左上の入れ歯が合わない 今日のオペは左上6,7番の2本。 歯科CTで骨幅

4ミリ、上顎洞底まで3ミリ程度とかなりシビアな状況です。 いつもの通り採血してCGF作製。

フラップを拳上すると骨がかなりスカスカな状況でした。 骨を削るバーを全く使用せず最新機器

ピエゾのダイヤモンドバーで削りDr.SOhn 直伝のHPISEでシュナイダー膜を拳上。

初期固定は20Nとやや不足しましたが十分骨内にインプラントを埋入し終了しました。

歯科CTで確認してもパーフォレーションは確認せず綺麗に埋入できていました。

/インプラントならわかば歯科/


2013年2月 3日

10歳までに相談に来ていただければ非抜歯矯正治療で床矯正治療を行い非常に簡単に格安

で矯正治療が可能となります。 10歳過ぎると非抜歯でも可能ですが床矯正治療だけでは治す

のが難しくなります。 今日、6か月前に11歳の女の子 主訴;八重歯が気になる 治療を抜歯し

て治療を始めました。 抜歯して治療した分治療は早く進み歯のガタガタが取れてきて抜歯スペ

ースに歯を移動している段階にいます。 この場合、非抜歯で行うとかなりの時間と費用がかかります。

あまり抜歯、非抜歯に拘るのもどうかと思います。 患者さんも抜歯したけど綺麗に並んできて

よかったとおっしゃていました。

/矯正歯科ならわかば歯科/

2013年2月 2日

 昨年の11月に受験した国際口腔インプラント学会(ISOI )の認定医試験合格の通知が昨日

 届きました。 認定医になるためには学会参加、 認定医試験、症例写真(20例)今までの経験を審査されました。 これから専門医取得を目指して引き続き頑張っていこうと思っています。

来年は日本口腔インプラント学会の認証医取得を目指して準備を整える予定です。

/インプラントの治療ならわかば歯科/

2013年2月 1日

 昨日の1月31日矯正セミナーアドバンスコースに参加していたため休診にさせて頂き

 ご迷惑おかけしました。 

 今日は70歳男性、入れ歯がかめないという主訴の患者さんのインプラントオペを行いました。

 他の患者さんからのご紹介で沢庵、お肉でもなんでもかめるからということでインプラント希望

 で来院されました。 今回は3本インプラントを埋入しました。 初期固定も35Nに抑えて

 埋入方向も3本平行に綺麗に入りました。 3か月もすれば10年以上悩んでいた食事が楽しみ

 に変わります。 下の入れ歯でお悩みの方は2,3本インプラントをいれればかなり食べれるよう

 になりますからお勧めの治療です。 痛みもあまりなくオペ時間も1時間かかりません。
 
 3か月もすれば今までの悩みが解消されます。

/インプラントの治療ならわかば歯科/

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業