«  2012年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年12月28日

 12月30日(日)、31日から1月3日(木)まで年末年始の休診とさせて頂きます。

 1月4日(金)からの診療となります。 今年な大変お世話になりました。

 来年も皆様よろしくお願いします。 Be Happy !

 /インプラントならわかば歯科/

2012年12月25日

 12月22,23,34日休診させて頂きご迷惑おかけしました。 韓国ソウルでニューヨーク大学

 インプラント科教授 Dr.Cho のアドバンスインプラントセミナーを受講してきました。 2年前にも

 参加したのですがわずか2年で考え方や新しいデバイスなど最先端の治療を学ぶことができ

 ました。 やはりインプラント治療を続けるには常に新しい知見を学び学習をする必要性があると

 感じました。

 /インプラントならわかば歯科/

2012年12月21日

12月22日、23日、24日は休診させて頂きます。 ニューヨーク大学 Dr.Choのインプラント

セミナー参加のため韓国に行ってまいります。 2年前にも参加して今回2回目 非常にために

なる実技中心でなおかつ世界最先端のインプラントの考えを学んできます。 常に今の現状に

満足せず新しい、技術、学問を探求していきたいとおもっております。 

休診中はご迷惑おかけします。 25日からは通常通り診療します。

 /インプラントならわかば歯科/

2012年12月20日

 矯正医からすると床矯正治療は正当な治療であると認めがたいものがあるかもしれません。

 アメリカからの矯正の学問としては歯の隙間がなければ基本的に抜歯を前提にした治療

 があるからです。 床矯正治療は鈴木設矢先生が広く日本に普及させた第一人者です。

 何千症例という患者さんを診て体系だった診療枠組みを作られました。 実際、矯正治療

 で抜歯が必要であると専門医が言った患者さんも床矯正にて非抜歯で治療が終了した患者さ

 んを多く自分自身の患者さんでも経験しました。 顎が広がっているのか? これは賛否ありま

 すが現実的に歯を抜かずに患者さんが満足しているこのことそのものが床矯正治療の価値な

 のではないでしょうか。

 /床矯正ならわかば歯科/

2012年12月18日

主訴:受け口、歯のガタガタ 8歳 女の子  床矯正治療で治療を終了するにはギリギリに

近い年齢です。 歯のガタガタだけなら9歳でも可能ですが他に出っ歯や受け口、開口など

他の疾患があれば治療期間が余計にかかるからです。  

床矯正治療は犬歯の生える10歳までを目安としています。 7,8歳で歯がガタガタしたり

歯の隙間がなければ自然に治癒することはありません。 様子みましょうとボヤを大火事にする

ようなものです。 できるだけ早くの相談をお勧めします。

 /床矯正ならわかば歯科/

2012年12月17日

  30代女性、主訴:歯がぐらつく(糸切り歯) 右上3番の犬歯のインプラントオペを行いました。

 2か月前に既に抜歯してソケットプリザベーションを行い歯槽堤を保存しております。 今日は、

 単純にインプラントを埋入だけです。 埋入方向、角度、骨幅に注意しながら40Nにて埋入

 し骨幅の不足している部分をバイオスとブラストⅡ(DFDBA)を混ぜ添入しました。歯科CT

 で確認し終了。 全行程30分程度でした。

  /インプラントならわかば歯科/

2012年12月16日

 10歳を過ぎ、犬歯が生えてきて場合かなりの歯のガタガタや出っ歯、受け口を治療するのに

 抜歯してからの矯正治療となります。 今日は上下の歯のガタガタが主訴の11歳女の子の

 歯を抜歯してワイヤーを装着しました。 ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる金具をつけるの

 で手間暇がかかります。 装着している期間も2年近くかかるので負担の大きい治療です。

 /矯正ならわかば歯科/

2012年12月15日

 半年前に前歯の歯が折れた患者さんをインプラント治療で終了しました。 審美インプラント
 
 (前歯のインプラント)です。 非常に綺麗に仕上がり患者さんも満足されていました。

 奥歯と異なり前歯のインプラント治療は非常に難しい治療です。 本物の歯と同様に

 噛めてしかも本物の歯に近づける必要性があるからです。 


 
 /インプラントならわかば歯科/


2012年12月14日

昨日は休診させて頂きご迷惑おかけしました。 矯正セミナーに参加してきました。 床矯正

治療には限界がありますから通常の矯正治療を勉強することで治療に幅がでます。

セミナー参加、学会参加をすると新しい発見があります。 これからも参加をして治療に役たて

ようと思います。 休診にする機会が多くなりますがご理解お願いします。

 /矯正歯科ならわかば歯科/


2012年12月11日

10歳男の子、 出っ歯の治療で1年前から咬合斜面板と呼ばれる床矯正装置を入れています。

下顎が下がっていたのがだいぶバランスよく上下が整ってきました。 今日は、噛むところに

プラスチックを足して奥歯が伸びるように細工をしました(咬合斜面板の2面装置)。 奥歯が

順番に生えそろっていけば綺麗に歯が並びます。

/床矯正ならわかば歯科/


2012年12月10日

 先日、インプラント埋入のオペをした患者さんが消毒のために来院されました。 切開をレーザー

 で行いオペしたので治りが今までと異なり非常に綺麗に治っていました。 本当に驚きました。

 レーザー治療は傷が目立たないです。 しかも、痛みが少ない。

 さらに、骨折治療機器でオステオトロンD2 のインプラントの最新機器を使用し早くインプラント

 治療を終わらせます。

  /インプラントならわかば歯科/


2012年12月 9日

 2か月前に9歳の男の子。出っ歯が主訴で来院された患者さん。 矯正専門医で70万の金額を

 を提示されたそうです。 やはり、通常2段階治療を矯正歯科で行われます。 1期治療で顎位

 の補正、2期治療で歯並びの修正 かなり長期間にわたって行われます。 今の時代はデフレで

 将来的な増税など不安定な世の中です。 給与もなかなか上がりません。当院では1期治療で

 FKOという装置で顎位の補正を行います。 床矯正治療に準じた治療なので費用も10万程度

 でおこなっています。 この装置でうまくいくと開いた前歯が閉じ引っ込んでいた下顎が前に移動

 します。 出っ歯も見違えてよくなります。 矯正医で高額な費用でお悩みの方、少しでもお子様の

 ためにしてあげたいと思っている方はご相談下さい。

  /矯正治療ならわかば歯科/


2012年12月 8日

昨日は夜6時で早く閉めさせてご迷惑おかけしました。 日本橋インプラントセンターで

インプラント勉強会に出席してきました。 上顎インプラントに対する多くの先生の意見が

聞けて良かったです。 上顎インプラントは下顎に比べると難しいと言われるのは 1:骨質

が下顎に比べると劣る。 2:上顎洞、鼻腔があるために解剖的な限界がある。 ためです。

そこが昨日テーマでありました。 世界中で勉強している先生方の意見は参考になります。

 /インプラントならわかば歯科/


2012年12月 4日

 i Lase という半導体レーザーを当院で導入致しました。 このレーザーはペンタイプで大変

 小さく 口内炎、歯茎の腫れ、 歯肉切開など幅広く使用ができます。 アメリカの多くの歯科医院

 で導入されているそうです。  今日、6歳のお子様の歯が生えたての所から歯肉(歯茎)がもり

 上がっていたところをこのレーザー切開しました。 見た目の小さいため恐怖心をあおること

 なく痛みもなく麻酔なしで行うことができました。  

  /レーザー治療ならわかば歯科/


2012年12月 3日

 床矯正治療だけで治療を成功させるのは10歳までです。 それ以降になるとブラケット治療が

 必要になります。今日、 床矯正治療で9歳まで顎を拡大して細かい修正(歯のガタガタを)

 ブラケットで行いました。 ブラケット治療は簡単に歯のガタガタがきれいに並ぶのが特徴

 です。 費用も一般的な矯正歯科と異なり床矯正治療に準じてできるだけ家庭の負担を

 少なくして行っていますのでご相談下さい。

  /床矯正ならわかば歯科/

2012年12月 2日

 当院では仕事のため平日通院できない方のため日曜、祭日診療をいたしております。

 学会、セミナーなどのため休診にさせて頂くこともありますがなるべく患者さんのご迷惑

 おかけしないように診療しております。  日によっては余裕がある時間帯もありますので

 短期集中治療も致しておりますので今まで仕事などで歯科治療がおろそかになってしまった

 方にはお勧めします。

 /休日診療ならわかば歯科/

2012年12月 1日

今年、最後のインプラント治療になりました。  来年1月からオペをしなければならない患者さん

がまだ何人かいます。 今日は審美ゾーン 前歯のインプラント治療でした。 審美インプラント

前歯は奥歯と異なり大変難しいオペとなります。 埋入方向、角度、 骨の幅を確保するための

GBR(骨造成術)、歯肉(歯ぐき)の取り扱い、隣の歯との距離、埋入深度 どれをとってもかけて

しまうとうまくいきません。 今日は埋入方向、深度、初期固定が十分得られました。 審美インプ

ラントの患者さんが増えてきました。 12月(今月) 22,23,24日と 韓国インプラントセミナー

に参加してまいりますので模型を相手にサイナスリフト、審美インプラントをニューヨーク大学のDr

。Choから学んできたいと思います。

/インプラントならわかば歯科/


« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業