«  2012年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2012年9月29日

今日、9歳女の子の矯正相談。主訴: 下の歯のガタガタと前歯がちょっと出てる。 歯のガタガタ

は床矯正で簡単に治せます。 ただ9歳となると犬歯も生えてきていて場合によってはブラケット

も必要になります。  あと1年早く相談に来てくれたらと。。。 

  /床矯正ならわかば歯科/

 

2012年9月28日

床矯正治療は10歳までが適応となります。 それ以降は通常のブラケット治療が必要です。

床矯正治療は取り外しが容易で調整も楽です。 ブラケット治療の場合3次元的に歯を動せる

自由度の高い治療ですが調整は時間がかかりますしブラケットが外れたりワイヤーが飛び出して

しまうこともあります。 一長一短があります。 

/床矯正ならわかば歯科/

 

2012年9月27日

 歯が痛い。 となると一般的に虫歯か歯槽膿漏というのが常識でした。 ここ近年はかみ合わせが

 歯の痛みに関わっていることが知られてきました。 特に食いしばりや歯ぎしりが悪の根源として

 歯の痛みだけでなく歯が折れたりすることもあります。

 /かみ合わせならわかば歯科/


2012年9月25日

高齢化に伴って様々な全身的な疾患をもった患者さんが来院されます。 高血圧、糖尿病、

腎臓疾患、肝疾患など様々です。 それに伴う薬を飲まれている方も多くいらっしゃています。

歯科治療は痛みや不安など交感神経に作用することがあります。 その結果体調に変化を及ぼす

ことがありますので歯科医院に通院する場合は問診票に申告をお願いします。

/インプラントならわかば歯科/

 

2012年9月24日

昨日まで休診させて頂いてすみませんでした。  今日はインプラント予定の患者さんのソケット

プリザベーションをしました。 抜歯即時埋入インプラントはうまくやれば非常に短期間でできる

メリットがあります。 ただ、埋入深度、方向、トルクなどが通常に行うより難易度が難しいことが

あります。 自分の考えとしては抜歯した状態で残った骨の状態がよほどよければ(根っこだけ

のこっていて炎症などがない状態)抜歯即時埋入は行うのですがある程度残った骨が少ない場合

は人工骨やコラーゲンスポンジなどを利用してソケットプリザベーションをして2,3ヶ月おいてから

オペを行う方が無難だと思います。

  /インプラントならわかば歯科/

 

 


2012年9月20日

 明後日の9月22日、23日に大阪でインプラント学会があるため9月22日、23日は休診させて

 頂きます。 明日の夜6時半までの診療となりますのでよろしくお願いします。

 /インプラントならわかば歯科/


2012年9月18日

 9月に入り夏休みから落ち着いたせいか痛い、腫れたという治療よりもインプラント希望で

 あったり、審美歯科の希望の患者さんが増えてきました。 時間をかけてゆっくり治療をかけら

 れるようになったのだと思います。  歯並び、見た目、入れ歯のバネが気になるなど気になる

 ようでしたらご連絡下さい。

 /審美歯科ならわかば歯科/


2012年9月16日

今日、30代女性のインプラント治療に先駆けて右上犬歯のソケットプリザベーションという治療を

行いました。 インプラント治療予定の場合普通に抜歯してしまうと抜歯窩という穴が大きく残って

しまいます。 その状態でインプラント治療を行うことは難儀を極めます。 そこで穴が大きくならない

ように人工骨(今回はバイオセラ)とコラテープという材料を用い再生療法を行います。

通常2,3か月おけばインプラント治療を行うことが可能となります。 もし、インプラント治療を考えて

いる方がいればできれば抜歯もインプラント治療を行う歯科医院での治療をお勧めします。

/インプラントならわかば歯科/

2012年9月15日

来週の土日、9月22日、23日は大阪で日本口腔インプラント学会参加のため休診にさせて

頂きます。 11月にも国際インプラント学会の認定医試験のためお休みを頂きます。 ご迷惑

おかけしてすみません。  来年はIPOIのインプラントマスターコースの参加、ICOI(アメリカインプラ

ント学会)の参加予定のためお休みを頂く予定です。

/インプラントならわかば歯科/

 

2012年9月14日

今日、前歯が出ていることを気にされている8才男の子の相談がきました。 床矯正治療は10歳ま

でを一つの目安としています。 それは大人の犬歯が生える時期です。 犬歯が生えると床矯正治

療だけではかなり厳しいこととなります。 つまり、時間とお金が倍以上かかります。一番いいのは

6,7歳の時期です。かなり簡単に治せます。簡単に治せるということは費用がかからず治せるという

ことです。今日の患者さんの場合 8才なので拡大するのにあと2年時間があります。ただ、それだけ

なら問題は簡単なんですが下顎が後ろに位置しているのでそれを是正するために咬合斜面板か

FKOで位置を変更する必要があります。反応がよければいいのですが、悪ければブラケットで治し

ていきます。

/床矯正ならわかば歯科/

 

2012年9月13日

7,8月は夏休みということもあり床矯正相談と矯正相談が多くインプラント相談はあまりありません

でした。 9月に入ると矯正相談があまりなくインプラント相談、しかも前歯に関する相談が多くきま

した。 今日も、女性の方のインプラント希望で来院されました。 前歯はインプラント治療の中でも

レベルが高いです。 1:審美的な部位なので骨的なアプローチと軟組織(歯肉)のアプローチが

療法必要である 2:日本人を含めモンゴロイドは骨量が少ないが特に前歯の骨はかなり薄い

抜歯即時埋入が適応になることもありますがやはり遅延埋入で慎重にオペをこなした方が無難に

終了することも多いです。

/インプラントならわかば歯科/

 

2012年9月11日

 保険診療というは全国統一の価格で決められています。 それに対して自費診療の価格という

 のは歯科医院によって様々です。 多くは以下のように決められていると思います。

 1:診療場所 2:使用する材料 3:発注する技工所  これに先生方の考え方に影響するもの

 だと思います。 1の診療場所は銀座で診療するのと郊外で診療するのでは家賃や人件費など

 が大きく異なるでしょう。 材料にしても設備投資にしても違いがでると思います。 また、発注す

る技工所によってもかなり差がでてきます。  

 /インプラントならわかば歯科/

 

2012年9月10日

昨日は休診にさせて頂きすませんでした。 床矯正研究会の症例相談会のセミナーに参加しました

。お隣の先生は山形県からと全国から100名以上の先生がいました。 床矯正治療の普及を肌で

感じました。 当院の患者さんにも使えるテクニックが随所にでていて来年にまた出席しようかと思

いました。  

/床矯正ならわかば歯科/


2012年9月 8日

 歯周病の治療がうまくいくかは患者さんと歯科医院との信頼関係と歯科医師側の説明と患者さん

 側の理解が不可欠です。 痛いから通院するとか悪くなってから通院するということではないから

 です。 悪くならないように定期的に歯科医院を受診して今の現状を維持していくことが大事です。

 当院ではインプラントや審美歯科、歯科矯正を積極的に行っていますがそれ以降のメンテナンスに

 力をいれていますのでご相談下さい。

 /歯槽膿漏ならわかば歯科/

 

 

2012年9月 7日

昨日に続いてインプラント相談がありました。 主訴; 前歯がぐらついている レントゲンを撮って
 
みると大きな問題点として奥歯の状態がよくありませんでした。 つまり、奥歯が痛みや腫れがある

と前歯でかもうとしますので負担がかかり前歯が悪くなったということです。 だから、安易に前歯

だけインプラントしても持たないということになります。 よく、奥歯は見えないから入れ歯も入れずに

前歯だけセラミックをしたいという女性の患者さんがいますが前歯だけ綺麗にしても奥歯がかめなけ

れば前歯のセラミックなんてもちません。予算に限界があるならば奥歯をしっかり治してください。

その後前歯ですよ。 前歯だけ綺麗にしても2年持てばいい方かもしれません。

当院ではしっかり綺麗に治してしかも持たせることを治療の要としています。

/インプラントならわかば歯科/


2012年9月 6日

左下の歯が痛いという相談で来院されて初診の患者さん。 よくよく話を聞いていると右側に歯が

3本以上欠損(歯がなく)入れ歯を使用していなかったとのこと。 そのため左側だけで食事をして

いて歯が痛くなってきたそうです。 結局、歯が痛いからその歯だけ治療してもあまり意味がありませ

ん。根本的に全体的なバランスを含めた治療計画が大事です。 右下にインプラントを2本入れて

ブリッジをすることを提案しました。 インプラントは確かに費用もかかりますし時間もかかります。

ただ、長い目でみれば左右バランスよく食事ができますので体に負担がかからないと思います。

/インプラントならわかば歯科/


2012年9月 3日

床矯正治療は低年齢(6歳から10歳まで)開始すると大変効果があります。 ただ、患者さんによって

は床矯正治療だけでは難しい場合があります。 歯が大きく捻転していたり叢生とよばれる歯のガタ

ガタがあまりに深刻な場合などです。 その場合は通常のブラケットと呼ばれるワイヤー矯正を行え

ば簡単によくなります。 ワイヤー矯正の場合歯科医師自身で手加減ができるので安心して行える

面はあります。 抜歯矯正で高額な費用を言われて躊躇されてる方は当院で相談して頂ければ

安心してお支払できる程度で治療しますのでご相談下さい。

/床矯正ならわかば歯科/


2012年9月 2日

 今日、4歳男の子 主訴:受け口 の相談で船橋市から来院されました。 半年前にも一度

 来院されたのですが3歳だとムーシールドと呼ばれる装置を使いこなすのが難しいという

 ことで半年経って装置を入れたいということでした。 受け口は1歳半検診、2歳半検診などで

 診断されることが多いと思います。 様子みましょうとなります。 ただ、何年経っても自然に治る

 ことは滅多にありません(自然治癒する場合は前歯に限局し6,7歳に前歯が大人の歯に生えか

 わる時に稀に治る場合がありますが)。 4,5歳の時点で反対咬合は積極的に治すべきだと思い

 ます。  あとあと重症化する前に少しでもよくなる可能性があれば治療をお勧めします。

 /床矯正ならわかば歯科/


2012年9月 1日

 8020運動と呼ばれる80歳でも20本歯を残しましょうという運動をご存じでしょうか?

 歯を残す一番の秘訣は? やはり歯を大事にすること。 具体的には歯ブラシをすることと

 定期的なメンテナンスだと思います。 定期的なメンテナンスをすることで歯科医院で虫歯や


 歯周病の進行度、自分の磨ききれない部位や歯ブラシの仕方をチェックすることが大事です。

 みなさんも歯を体の一部だと意識をして美容院に行くように歯科医院に受診して下さい。

 /インプラントならわかば歯科/


« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業