«  2012年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年8月28日

今日、初診の方で左下の奥歯が痛いという患者さんが来院されました。 一般的な方からすると

左下が痛いのは左下にのみ問題があると思っている方が多いと思います。 しかし、この初診の

方の反対、右下に2本以上歯がなくて入れ歯も入れていない状態です。 当然、右側は奥歯がない

のでかみやすい左側ばかり使うことになります。その結果、左側に痛みが出やすい状況になるわけ

です。 両側(左右)バランスよくかむことが大事です。 そのためには入れ歯をいれるなら入れ歯

側でもかむことです。

/インプラントならわかば歯科/


2012年8月27日

今週、木曜日に続けて三田(東京)でNeo矯正研究会の実践ブラケットセミナーを受講して

きました。今回で4回目で反対咬合の症例でした。 人を同じような模型にブラケットをつけて

お湯につけどのように歯が動くかシュミレーションをしてきました。 力のかけ方やブラケットの

位置で想定外のことが起こるので本当の患者さんを治療しているようで勉強になりました。

/床矯正歯科ならわかば歯科/


2012年8月25日

 ご両親や親せきなど親族が受け口な家系の場合は遺伝的な要因が考えられます。 中には

 家族にも全く受け口の人がいないのに息子、娘さんが受け口になってしまう場合があります。

 遺伝的でなくても骨格的な受け口の場合もあれば舌や唇のアンバランスによって受け口が

 引き起こされる場合(機能的)があります。 また、永久歯がはえてきてから受け口になる場合

 (歯の早期接触)もあります。 それぞれの原因を診断すれば簡単に治る患者さんもいれば

 手術が必要な患者さんまで様々です。 できるだけ早く(3,4歳であっても)相談して治療の

 計画をたてていくことが望ましいと思います。

 /床矯正歯科ならわかば歯科/


2012年8月24日

昨日は休診にさせて頂いて矯正歯科のセミナーに参加しました。 半年コースでこれから木曜日を

休診にさてて頂くこともあるのでご理解の程お願いします。

当院で行っている床矯正治療だけではやはり限界があります。 患者さんによっては固定性の
装置が必要な場面があります。 また、骨格的な患者さんの場合も通常に矯正治療が必要と
なります。 そのための本格的な矯正治療のセミナーであります。

どんな患者さんにも対応できるように多くのセミナーに参加していきます。 2日後にも別の矯正セミナー参加予定です。

/矯正歯科ならわかば歯科/


2012年8月21日

半年前に来院された患者さん。 前医にて右上の5番目の歯(小臼歯)を被せたが腫れてきたとのこと。 レントゲンを撮ると歯根破折といい抜歯をしなければいけない状態でした。

多くの患者さんが抜歯を希望しません。しかし、歯が根っこの奥で折れてしまっては抜歯しか方法がありません(移植や再植はありますが。予後が保証できません)。 

今回、再度腫れて痛みもありましたから抜歯してインプラントをすることになりました。そのための

骨および軟組織を保存する意味でソケットプリザベーションを行いました。 2か月後にインプラント

をする予定です。

/インプラントならわかば歯科/


2012年8月20日

一般的な矯正治療ですと小学5年生前後で永久歯がだいぶ交換してからが始めるのにいいと

言われています。 床矯正治療はできれば小学1,2年生がベストです。 永久歯が2本から4本

下の歯が生えてきた頃がコントロールしやすいのと拡大床がうまく機能しやすい時期です。

ちょっとでも下の歯ががたがたしてきたらご相談下さい。

/矯正治療ならわかば歯科/


2012年8月18日

12歳、女の子、主訴:歯のガタガタを治したい。 12歳でほとんどの歯が永久歯に交換している

場合、床矯正治療というよりも抜歯も含めた一般的な矯正治療が必要となります。下の4番と

呼ばれる小臼歯を2本抜歯してブラケットを装着しました。 かなり歯ががたがたなのでブラケット

を装着して痛みがあると電話がありました。 小学1、2,3年生であれば床矯正治療でしかも

非抜歯治療が可能となります。 できるだけ早くの相談をお願いします。

/矯正治療ならわかば歯科/


2012年8月17日

40代女性左上1本欠損(左上4番)。 歯科CTで確認したら十分に骨幅、上顎洞底まで

距離があったので径4.2、長さ10ミリのインプラントを深めに埋入しました。

フラップレス(歯頚をいじらないで)で埋入したので痛み、腫れがほぼないと思います。

/インプラントならわかば歯科/


2012年8月10日

当院のお盆休みの休診ですが 8月13日(月)から8月16日(木)となります。 

この間、痛みなど急患として治療が必要な場合には八千代市歯科医師会で当番医が

診療していると思いますのでご連絡お願いします。


 /インプラントならわかば歯科/


2012年8月 9日

床矯正治療の相談が今日もありました。 二人兄弟でお姉さんが床矯正治療をしていて

うまくいったので弟さんも。 兄弟で床矯正治療に取り組むことが多いです。 ご家族で

理解があるので治療もうまくいくきます。  食生活や習癖などご両親と一緒に取り組むことが

大事です。

/床矯正ならわかば歯科/


2012年8月 7日

昨日一日で3人床矯正治療を始めることになりました。 上下顎叢生、1級咬合の患者さんが

2人。 4歳受け口でムーシルドを開始することになったのが1人です。 今日は2人矯正

相談がありました。 一人目は過蓋咬合でもう一人は上下叢生、1級咬合でした。 二人とも

小学6年生と床矯正適応年齢ではないので抜歯や床矯正治療をするにしても床矯正治療後

ブラケットが必要なケースとなります。 開始年齢が大事です。 5,6,7歳が床矯正治療の

適応年齢でブラケットも抜歯も必要とせずお金と時間が節約できますので様子見ましょうと

ぼやを大火にするだけです。 


/床矯正ならわかば歯科/


2012年8月 5日

当院での小児歯科の考えなんですが。 無理やりおさえつけたりするような治療は

できれば避けたいと思っています。 痛みが強くどうしても治療しなければならない場合は

例外として通常はお子様の気持ちを大事にしたいと考えています。 3,4歳とはいえ子供

は大人が考えている以上に話せばわかるものだと思います。 子供の感情、気持ちを無視して

親が気になるという理由で虫歯を今治療してくれとおっしゃる方がいますがお子様の気持ち

を尊重してゆっくり治療ができるまで待ってあげた方がいいのではないでしょうか? いつの間に

治療ができるようになったというお子様たくさんいますよ。

/小児歯科ならわかば歯科/


2012年8月 4日

主にベロ(舌)を歯の間の隙間に出す癖のあるお子様は開口といって上下がかみ合わない

状態になります。 今日、1年前に取り外しの床矯正でタングリブと呼ばれる装置を入れ

だいぶ改善したのですが今一歩上下の歯の隙間が埋まらないので固定式のリンガルアーチ

にタングリブを組み込みました。 お母様の話によると取りはずしで外しているときに
 
ベロ(舌)をだしているとのことでした。 これでよくなればいいのですが難しければブラケットで

上下に引っ張る治療に変更していきます。

/床矯正ならわかば歯科/


2012年8月 3日

ピエゾサージェリーとはピエゾと呼ばれる機械を使う治療をいいます。 ピエゾという機械は

骨を削るが歯茎など柔らかい(軟組織)を傷をつけないのが特徴です。 特に、親不知や歯を

抜歯するのに威力を発揮し治療中に頬などを傷をつくりません。

安心に治療ができます。 当院でもピエゾは大活躍しています。

/インプラントならわかば歯科/


2012年8月 2日

歯科治療は他の医科的疾患と異なるせいでしょうか。 説明を十分にしても理解して頂けない

方がいます。 自分がこうしたいとおっしゃる方がいます。 お子様の治療

でもどうしても気になるから目立たないように治療してほしいとか目の前で泣き叫んでいるのに

も関わらず抜歯を今して欲しいなど。 お子様の年齢的なこともあるので広くお子様の気持ちを汲ん

でほしいと思うんですよ。 今治療ができなくても何か月、何年か経つと治療が急にできる子もい

ますから。 

/小児歯科ならわかば歯科/


« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業