«  2012年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年5月31日

歯科は医科と異なり予約制をとる場合が多いと思います。この予約の意味は 患者さんを

できるだけお待たせすることなく一人一人に時間をかけて丁寧に診療したいからです。

場合によっては想定外のことにより時間が伸び患者さんにご迷惑おかけすることもあります。

患者さんにも都合があると思います。但し、無断キャンセルは非常に困ります。 その方の

ために時間を割いてスタッフと一緒にお待ちしているからです。  それは友達や恋人、家族と約束

をしていて無断キャンセルされたらみなさんどうでしょうか?

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月29日

今日、60代女性左右奥歯4本欠損のところに4本インプラントを埋入しました。

左下は歯科CTで骨幅、下顎管までの距離が十分でしたので15分以内に終了。

埋入トルクが30Nになるように微妙に調整しました。 右下7番に骨欠損が大きく

インプラントを埋入し骨欠損部分をバイオスとブラストⅡを混ぜ簡易GBR。

左右で45分で終了しました。 最後に歯科CTで確認。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月28日

都内のインプラントセンターで相談されて当院でセカンドオピニオンに来院される患者さんが

増えています。 インプラントセンターは名前の通り通常保険診療を行わずインプラントオペのみ

を行うか全ての診療(虫歯の治療など一般的な診療)を自費で行う医院が大多数です。

保険診療は近くの歯医者でインプラントはインプラントセンターでということだそうですが

インプラントだけの診療とは本来ありえないと自分は思います。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月27日

日曜、祭日診療は開業してから行っていますがここ6年で10件近くの八千代市内の

歯科医院でも休日診療を行うようになっています。 地域がら都内で勤務の方が多く

日曜の診療を希望する方が多くいるためだと思います。 学会やセミナーが

日曜に重なることがあるので休診にさせて頂くこともあります。 ご理解のほどよろしく

お願いします。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月26日

インプラント治療は高額にかつ手術というリスクがあるので何件かセカンドオピニオン

を受けて来院される方が多くいらっしゃいます。 わかば歯科としては細かい説明が省け

ますので何件でも他院やインプラントセンターで相談されてもかまわないと思っています。

当院を選んでいただいた時点で責任をもって対応したいと思っています。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月25日

床矯正治療の適応年齢は5歳~8歳前後です。 10歳近くなると犬歯が生えてきたり乳歯が

だいぶ抜けて永久歯に交換してきてきます。 この場合、床矯正というよりも固定性のバンド

を装着してリンガルアーチやクオドヘリクス、ベータチタンワイヤーなどを駆使すれば顎の拡大

や歯の移動を簡単に行うことができます。 ただその後の治療がブラケットと呼ばれるワイヤー

矯正が必要になることが多いのでそこからは時間がかかってしまうことがあります。

/床矯正ならわかば歯科/

2012年5月24日

開業して6年経って以前歯が喪失したところを入れ歯を選択して結果的に他の歯が

駄目になりこれ以上歯を喪失したくないとのことでインプラントを選択する方が増えています。

左右どちらかの奥歯がなくなりとりあえず片方に歯があるから入れ歯でいいと思っているのでしょ

う。 しかし、片方でかんでいると負担がその片方にいきますから当然残りの方(片方)も

駄目になるのです。 その結果、左右にインプラント治療することになりますから治療費も

倍になってしまいます。 とりあえず入れ歯はみなさんに選択してもらいたくありません。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月22日

歯科医院はコンビニの2倍近く存在するといわれています。 ここまで多いとどう
選んだらいいか悩むと思います。 当院も開業して6年が経とうとしています。 

来院される理由は、単純に家から近いからとか新しく開業したからなどの方
と紹介されたりホームページを見てきたり様々な理由の方が来院されました。

実際、長くおつきあいしている患者さんは信頼関係の構築がなされていることに
あると思います。 やはり、家から近いというのも大事かもしれませんがそれ以上に
そのかかっている歯科医院にどれだけ信頼をもてるかが大事だと思います。

そうでなければいい治療および結果を生まないものだと思います。そういう意味で
何件でも自分に合う歯科医院を探すのが大事ではないでしょうか。

2012年5月21日

5歳男の子、半年前に床矯正治療を開始しました。 上下の歯(乳歯)ががたがたで永久歯

なんてとてもはえ揃わないレベル。しかも顎の骨格もキツツキのようなバードフェイス、過蓋咬合。

これを上下拡大装置をセット。 わずか半年で顔の形がふっくらした顔つきになっていました。

よく聞けば矯正専門医で矯正治療するには年齢的にまだ幼いと。 しかし、少しでも早くよく

したいという家族の希望で床矯正治療を始めました。 床矯正治療をしていると簡単なガタガタ

だけでなく顔つき(特に受け口や出っ歯など)が簡単に治せるので効果テキメンですね。

/矯正歯科ならわかば歯科/

2012年5月20日

ここ最近、矯正相談が増加しています。 床矯正治療、簡単なブラケット治療で当院で終了
した患者さんのご紹介が増えていいます。 自分自身も小学校5年生の時に矯正治療をしてある矯正医は200万、ある矯正医は100万と高額な治療費をいわれどうしてそこまでかかるのかわからず結果、国立大学の東京医科歯科大で矯正治療を受けることになりました。 やはり、ここでも100万近くかかり公務員の親には苦労をかけました。 自分が歯科医になるきっかけになるとともに自分が歯科医師になったらなるべく患者さんにはお金の心配で矯正治療を諦めることがないように考えています。
 
当院の考えとしては普通の家庭でもできる矯正治療を柱として考えています。 少しでも歯並びを
矯正して顔の形もよくする。 その中で歯科医院を美容室のように定期的に通院して頂き虫歯、
歯周病も同時に予防しようと考えています。

/矯正歯科ならわかば歯科/

2012年5月19日

30代女性の左下5番にインプラントオペを行いました。

歯科CTで確認して骨幅、下顎管までの距離をシュミレーション。 術中でもレントゲンを

撮りながら慎重にオペしました。 骨質がよく硬かったのでたっぴんぐを十分して埋入

トルク35Nで終了。 

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月18日

今日、50代男性のインプラントオペ右下4,6番、左下5番の3本埋入をいたしました。

歯科CTで骨幅、下顎管までの距離、歯科CT値などで十分確認してさらに術中にもレントゲン

をとり安心、安全のオペを行いました。 麻酔して切開、剥離、インプラント埋入、GBR、ナート

まで全工程45分でした。

今日はさらに矯正相談が3件(叢生1件 反対咬合件)ありました。 最近少子化ということもあり

歯並びへの関心が増えていますね。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月17日

ここ最近、床矯正治療が千葉県でも普及してきたおかげで矯正相談ではなく

床矯正相談の患者さんが増えています。 今日一日で二人。 明日は3人。 一人のお子様

が床矯正治療を始めて目の前でよくなってきているのを実感するからだと思います。

犬歯の生える9歳前後でご相談に来院されるとブラケットが必要になり治療費と時間が

倍以上かかります。7,8歳前後での相談が一番簡単に治せます。  

/床矯正ならわかば歯科/

2012年5月15日

保険適応の被せ物の場合前歯の糸切り歯より1,2箇所後ろまでが白い歯(HJKと呼ばれる)

ができます。 その後ろの第一大臼歯は白い歯となると保険外になります。

また、小さい詰め物の場合糸切り歯より後ろは通常インレーと呼ばれる銀歯ですが

場合によっては(虫歯の範囲が小さければ)プラスチックの保険適応でできる場合が

あります。 

/審美歯科ならわかば歯科/

2012年5月14日

ムーシルドを入れた患者さんの効果について。 今日二人ムーシルドを入れている患者さんが

来院されました。 1人目は1年近く装着しています。5歳男の子。 半年で反対咬合が切端咬合

になりました。この時点で見た目は受け口特有の顔ではありません。 切端咬合になると奥歯

が当たらなくなります。 この半年で奥歯が伸びてきて噛んできました。
 
もう1人は4歳で2か月で反対咬合が改善してきていました。 ただまだ安定していないので

たまに受け口になるとお母さんが言ってました。 安定するのにまだ半年は最低かかると思います。

/床矯正ならわかば歯科/

2012年5月13日

 今日来院された患者さん。 主訴は歯がぐらついて痛いというご相談。

 診断としては全顎的な中等度以上重度の歯周病。 患者さんとして気になるのが歯周病

 は治療すれば治るのか? ということです。 歯周病の治療は徹底的な歯垢や歯石の

 除去、生活習慣の改善などでかなり改善することは分かっています。 しかし、重度の

 歯周病となると治りますと安易に答えることはできません。 

  改善はするが爆弾を抱えている状態で(サイレントディジーズ)いつ生活リズムがくるって再発

 するかわからないと考えます。 治ることはないが

 一生歯がある以上かかりつけ医を見つけ定期的に受診し問題があればすぐに診てもらえる

 状態にするのがベストではないでしょうか。 糖尿病、高血圧、歯周病は一生うまく付き合う

 必要のある生活習慣病です。 

  歯槽膿漏でも軽度(歯がぐらつかない程度)や中程度(ほんの少し歯が動く程度)であれば
 
 完治も見込めますのでできるだけ早く歯科医院を受診してかかりつけ医を見つけましょう。

   /歯周病ならわかば歯科/


 

 

2012年5月12日

歯科医院に定期的に受診いているのに学校検診の紙をもらい心配されている方も多くいる

と思います。

治療が終わっているはずなのに虫歯があるとか要注意歯があると。

学校検診はあくまで検診であって確定診断があるわけではありません。 診断をつけるには

レントゲン、注意深く視診、触診があって成立するものであって検診の場合は何十人も

同時にみるので当然見落としもありますし歯科医院で診断をつけてもらうために虫歯に

チェックする場合もあります。 

/床矯正ならわかば歯科/

2012年5月11日

床矯正装置は簡単に取り外しができるメリットがありますがそれが逆にデメリットと

なることあります。 紛失です。 ティッシュにくるんでいたら間違えて捨ててしまったとか

ペットに壊されたなどです。 学校に持っていくか持っていかないかはどちらも構わない

ですが紛失や破損にはご注意してもらいたいものです。
 
/床矯正ならわかば歯科/

2012年5月10日

 通常の矯正治療と異なるので本当にこれでよくなるか? という質問をよく受けます。

 実際、1:使用を12時間を順守する 2:装置だけでなく筋機能療法(MFT)も併用する

 3:年齢が5歳~8歳 この3つをクリアすれば床矯正のみで治ることも可能な場合も多く
 
 あります。 年齢が10歳前後、犬歯が生えてくるとワイヤー矯正も必要になったり治療が

 固定性装置メインとなります。 

 /床矯正ならわかば歯科/

2012年5月 8日

 週に何人かの方が歯が痛いということでレントゲン写真を撮ると歯が折れているという

 方がいます。 歯ぎしり(ブラキシズム)や食いしばり(クレンチング)は歯にとって大変な

 脅威です。 歯の崩壊へつながりますので歯がしみていたり痛みを感じることがたまに

 ある方は早めの歯科医院受診をおすすめします。

 /インプラントならわかば歯科/


2012年5月 7日

 当院で以前インプラント治療をされた患者さんのご紹介です。 他院で入れ歯を作ったが

 話ずらいということでインプラント希望で来院されました。 紹介されるというのは本当に

 ありがたいです。当院は なるべく痛みが少なくできるだけ早く、インプラント以外はできるだけ

 保険治療をメインに費用がかからないように治療するようにしています。

 今回の患者さんもなんでもインプラント治療を勧めるのではなく歯が残っていて状態が良けれ

 ばブリッジを保険内で治療しインプラントでなければ対応できない部位にはインプラントという

 考えで治療します。

/インプラントならわかば歯科/

2012年5月 6日

6日(日)今日から診療が通常通り始まりました。 日曜日は痛みがある急患の患者さんが

多く来院されます。 ほとんどが虫歯による痛みや以前治療された根っこの再治療、重度の

歯周病などです。  神経の治療は患者さんからすると非常にわかりずらい治療ですが

しっかり治せば歯もそれだけ長持ちしますので気長に治療に付き合っていただきたいと

思います。

/インプラントならわかば歯科/


2012年5月 1日

昨日、休診にさせていただいて矯正セミナーに参加しました。 Neo矯正セミナーで

過蓋咬合の患者さんを抜歯しストレートアーチテクニックで治す技術を学びました。

矯正治療は奥が深いです。

/矯正歯科ならわかば歯科/


« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業