«  2012年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年1月30日

今日2人の床矯正治療相談の方が来院されました。 1人はすでに7歳の兄が
床矯正していてうまくガタガタしていた歯が並んできたので6歳の弟もということで
次回から床矯正治療(下顎側方拡大床)を開始。

もう一人は6才女の子 主訴:下の歯がガタガタしている。 すでに何件か矯正相談を
していたので床矯正治療と矯正治療の違い、費用の違いなどを説明しました。
できれば何件か相談して決めてまらうのが双方にとっても信頼関係でもいいと思って
います。 

ただ言えるのは5歳から8歳未満は床矯正治療だと簡単にしかも非抜歯で治療が行えます。
矯正専門医で抜歯矯正を勧められて当院で非抜歯で簡単によくなった患者さんもいます。


 /床矯正ならわかば歯科/

2012年1月28日

矯正相談 7歳女の子 主訴:受け口を治したい  床矯正治療で治したいということなので

型取りしてレントゲン撮影をとりました。 遺伝的な要素がなければ4,5,6歳ならムーシールド

で十分治ってしますケースが多いです。 7歳でしかも歯が叢生(ガタガタ)となると前方移動

装置に拡大床などやや装置が煩雑になります。 ただ、様子みましょうと言って最終的に
 
抜歯してブラケット治療を行う治療に比べればできるだけ非抜歯で行うメリットは十分

あります。

 /床矯正ならわかば歯科/


2012年1月27日

 最近、床矯正治療の紹介患者さんが増えています。 八千代市、千葉市、印西市、

 臼井市と広範囲に広がっています。 床矯正治療は適正に治療すると確実に

 効果が見込めしかも目の前でよくなっているのが実感できるからだと思います。

 それと前から気になっていたけど矯正歯科で高額な治療を説明されて、、、。

 床矯正治療は一般の家庭の方が受けられるように治療費も設定していますので

 ご安心してください。 また、場合によって必要であれば通常の矯正治療と同様に
 
 ブラケットと呼ばれる金具も付けることも可能です。 歯を3次元的に動かすには
 
 逆にブラケット治療は必須項目でもあります。

 /床矯正ならわかば歯科/

  

2012年1月26日

 今日も50代女性のインプラントオペを施術しました。 左下7番 1本のイージーケース。

 施術中にレントゲンで下顎管までの距離を確認しながら慎重に行いました。

 手前の歯との距離、対合歯との位置関係、近遠心の方向を確認し埋入.

50Nと十分に初期固定を獲得し縫合しました。 NHKの放送以降以前にまして

 慎重にオペを心掛けていいます。
 
 /インプラントならわかば歯科/

2012年1月24日

 1月22日(日)は休診にさせて頂いて東京形成歯科研究会でインプラントセミナーを受講
 していました。 先日、NHKでインプラントの危険性についてテレビ放映されていたので
 そのセミナー内容は顎顔面領域の解剖的知識のおさらいをしました。 

 そして、本日60代男性の右下5番のインプラントオペを行いました。 右下5番は
 神経麻痺の危険性を孕んだオトガイ孔のループがあるので今回は施術中時間は
 かかりましたがレントゲンを術中に何回も撮って確認しながら施術しました。
 縫合まで50分近くかかりましたが安心、安全のオペをしたので時間にこだわるより
 安全にオペをこれからはしていこうと思っています。

   /インプラントならわかば歯科/

2012年1月20日

 半年前に上顎6本のインプラントをした女性の患者さんの被せものを入れました。

 前歯を含むと審美性が大切になりますし患者さん自身も求めるレベルも高くなります。

 ずっと入れ歯を入れていたので入れ歯から解放された喜びもひとしおです。

 大変よろこんでいたので一安心です。   

 前歯のインプラント治療は奥歯と異なり難易度が高くなります。 しかも多くの歯がない場合

 はなおさらです。 1:骨がうすくなる 2:歯肉の厚み、委縮している 3:審美性が問われる
 
 などが理由です。 

 /インプラントならわかば歯科/

2012年1月19日

 歯科治療は他の内科的な疾患と異なりどちらかというと外科的な要素が強いです。

 しかも、部分的なものから全体的なものまでさまざまあります。 多くの患者さんも

 この不景気も手伝いなかなか最後まで治療を終えることが難しいのかもしまれません。

 初めて来られて 歯の痛いところだけという方も最近増えてきた気がします。

 短期的にみるととりあえずそこだけの治療というのはありなのかもしれませんが長期的に

 みるととりあえずという治療は未完なので結局余計に時間とお金を浪費することになると

 思います。  患者さんの希望と歯科医療的な必要性のバランスをとることは難しいです。

 /インプラントならわかば歯科/


2012年1月17日

 連日のインプラントオペになりました。 60代男性。下顎無歯顎。
 
 2本のインプラントにマグフィット予定です。 イージーケースです。

 骨幅は3ミリとかなり細いですが深めに埋入していけば解決します。

 深めに埋入していくと下にいく程骨幅は少しずつましていきますから。

 切開、剥離、インプラント、埋入、縫合全工程 20分で終了。 入れ歯を軟装裏装材で

 ウオッシュして終わりました。 おそらく痛みはほぼでないと思います。

 /インプラントならわかば歯科/


 

2012年1月16日

 本日、50代男性のインプラントオペを行いました。 左上1番から7番までの欠損。
です。今回はCT,模型、パノラマレントゲンで左上3番、6番の骨欠損を認めていたので
それを避けて左上1,2,4,5番の4本を埋入。次回、左上7番をソケットリフトでインプラント
を埋入予定となっています。
 今回は左上3番の大幅な骨欠損があるので左上1,2番、左上4,5番のインプラント間距離、残存歯との距離がかなり厳しく特に左上4,5番のインプラント間距離が理想の3ミリは無理だったので
2ミリ前後とし(歯間ブラシが通しにくくなる)妥協してインプラントを埋入しました。
 初期固定60Nですべて骨内に収めることができました。 このような患者さんの場合(歯が
多く欠損している場合)治療中入れ歯を入れておく必要があるのでこの時に負荷がかかると
失敗する可能性があるので要注意です。 
  /インプラントならわかば歯科/


2012年1月14日

インプラント治療の相談で入れ歯をインプラントにしたいという方が多いのですが

前歯が折れて歯を削るのが嫌なのでインプラント治療を希望する方も多くいます。

前歯のインプラントは審美領域なので奥歯と比較すると難易度が高くなります。

単純に骨のあるところにいれればいいという話ではありません。 埋入深度、

角度、歯肉の厚み、骨の厚みあらゆる角度が考える必要性があります。

抜歯してすぐにインプラントをいれるべきか否か人工骨をどうするか、歯肉移植をすべきか

など問題は数多くあります。  当院ではその患者さんに合ったベストの選択をしますのでご相談

を。 /インプラントならわかば歯科/


2012年1月12日

2日前にインプラントオペを下あご左右に施術した患者さんが消毒に来院されました。

痛み止めを1錠も飲む必要がなかったとおっしゃっていました。 インプラントオペという

と痛みが強いとか怖いと連想される方がいますが、そんなに大変な治療では

ありません。 

/インプラントならわかば歯科/


2012年1月10日

本日、40代男性のインプラントオペを2012年初めて行いました。

右下、左下6番の2本。 骨幅、下顎管までの距離からするとイージーケース。

やや舌側からフラップを起こし角化歯肉を温存。 対合歯、隣在歯に注意して埋入。

右下が40N、左下25Nでまずまずの初期固定。開口量が少なくやややりずらかったです。

/インプラントならわかば歯科/


2012年1月 7日

 お子様のいる方は歯科医院や内科や小児科にいかに子供を連れていくかというのが

 大変だと思います。 大人からすると必要なことでも子供はできるだけ痛いところには

 いきたくないものです。 恐怖心が勝るのだと思います。

 当院ではなるべく子供にたった治療を心掛けています。 トラウマにならないように少しずつ

 気長につきあって今治療ができなくても何か月後には治療ができるようにしていきたい

 と思っています。 

 当院には毎日のように歯医者が苦手なお子様が来院していますのでご心配なく。

 /小児歯科ならわかば歯科/


 

2012年1月 6日

昨年、下の入れ歯(総義歯)がかたかたして全く噛めない60代女性の患者さんの治療を

行いました。 昨年インプラントを3本埋入しその上に義歯(入れ歯)をボール状のゴムで

装着しました。 今年、チェックで来院され数年ぶりにお餅が食べられたのでうれしくなった

とのことでした。 入れ歯を安定させるためにインプラントを埋入すると固定源ができます。

確実に食べれるようになります。しかも沢山のインプラントをする必要がないので費用も

それほどかかりません。

/インプラントならわかば歯科/


2012年1月 5日

今日の矯正相談は7歳男の子、前歯のすきっぱが気になるとのこと。

レントゲン、模型に起こしてわかったのは左上の方が右よりも顎が委縮していました。

恐らく学校で左ひじをついて学校の授業を聞いているか、家で寝ているときに左寝の

可能性がありました。 この場合、上顎側方拡大床で顎を拡大することから始め悪い

習癖を治すところからはじめていきます。

/床矯正ならわかば歯科/


2012年1月 3日

  新年あけましておめでとうございます。 昨年は東日本震災を始め
 
  いまだに完全な収束の見えない原発など多くのことがありました。

  今年も歯科医療を来ていただいている患者さんにベストを尽くしていこうと

  思っております。 

  今年もよろしくお願い致します。

  /インプラントならわかば歯科/

 
  

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業