«  2011年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2011年9月30日

本日、60代女性のインプラントオペを行いました。 前回、2本埋入し今回は

追加の1本です。 GBRも必要なかったので楽勝のオペでした。 左下4番

なのでオトガイ孔をレントゲンで確認しながら埋入深度、方向に注意しながら

オペしました。 ケンテックインプラントSB37-10 を35Nで埋入。 麻酔から縫合

、レントゲンまでで40分で終了。 

/インプラントならわかば歯科/

2011年9月29日

半年前に50代女性の方のフルマウスインプラントを施術した方の被せものの型どり

を行いました。 アストラテックインプラントは審美性に優れ骨との結合に非常に優れて

います。 埋入方向がよかったので既製のアバットメントを装着し型どりをしました。

セラミックを被せる予定です。 今まで入れ歯を装着されていましたから入れ歯から

解放され固定性になればなんでもよく噛め綺麗になりますから非常に喜ばれます。

カラオケが趣味なそうなので後も少しの辛抱です。

/インプラントならわかば歯科/

2011年9月28日

短期集中治療とは仕事やお子様がいて長期間かかって歯科医院を受診できない方を

対象にできるだけ短い期間で治療を行うことです。 保険診療であれば半年、1年かかると

他院で言われても歯周病治療など例外の治療を除けば簡単な虫歯治療、入れ歯治療なら

3ヶ月も目安に一回の治療を2,3倍のスピードを目標に行います(通常の歯科医院の)。

自費治療であれば保険治療の制約がありませんので更に倍以上のスピードも可能です。

但し、条件があります。 予約のキャンセル、時間の変更を極力控えて欲しいのです。1時間
 
予約をおとりになって他の患者さんをお断りして(3人近く)その時間がキャンセルされる場合

他の患者さんのご迷惑となります。 

/短期治療ならわかば歯科/

2011年9月26日

他院で抜歯と言われ当院にセカンドオピニオンで来院される方も多くいます。

できるだけ歯を抜かないで治療できないか? 

抜歯の中でも 1:重度の歯周病(ぐらぐらの歯) 2:歯根歯折 3:重度の根尖病巣

などです。 これらの症状の場合、抜歯の基準も満たし無理やり歯を残しても逆に

支えている骨自体に問題を起こす可能性があるので他の歯のことも考えると

早く見極めて治療を勧めた方が患者さん本人にもメリットがあります。 ただ、

それ以外の残せる場合は積極的に歯を残すのも大事ですが、

/インプラントならわかば歯科/


2011年9月24日

 床矯正治療には様々な形態があります。 前歯を押し出す装置、下顎、上顎を
 
 拡大する装置、舌がでるのを抑える装置など。 本日兄弟2人で床矯正を

 始めて4か月が経過したお子様が来院しました。 兄弟で始めるとお互いに頑張るので

 効果が出やすいかもしれません。 床矯正はやはり装着時間つまり頑張りに依存する

 ことがわかります。 
 
  /矯正治療ならわかば歯科/


2011年9月23日

4か月前から受け口の5歳男の子の治療を開始。 ムーシルドを装着(夜間のみ)

を一日8時間頑張って使ってもらっています。 1,2か月で反対のかみ合わせが

前歯でかみ合うように(切端咬合)、4か月目で被蓋(上の歯が下の歯の前にでできた)

がでてきました。 あとは食生活指導、タッチスティック、ガムでの舌の使い方の訓練

で奥歯がしっかりかみ前歯で食べ物をかみ切るように使ってもらいます。ムーシルドは使えば

使うほど効果がでる装置です。

/矯正治療ならわかば歯科/


2011年9月22日

 3か月前に下顎に4本(右下2本、左下2本)インプラント手術をし、3週間前に

 2時オペし仮歯を装着。 先週、かたどりをし本日本歯(最終補綴物)を装着しました。

 全てをハイブリット(白い歯)で製作しました。 今まで入れ歯だった方が入れ歯では

 なく固定性になり白い歯が手に入りました。たった3か月で終了したので驚いて

 いました。 下顎なら3か月、最新インプラントを使用すればさらに早く終了します。

 /インプラントならわかば歯科/


2011年9月19日

当院は日曜も診療していることもあり「とりあえず取れた銀歯をつけてくれ」 、「割れた入れ歯
を修理だけして欲しい」、 「レントゲンは撮らないで治療して欲しい」などの依頼が多くあります。

 当院での考えとして取れた物をただつけるのではなく、レントゲンや顕微鏡、全顎的な
かみ合わせを通して治療の一貫としてその歯だけでなく何故取れたか、何故割れたかを
総合的に考えて診断し、治療していきたいと思っています。 といういのは取れたものをつけても
また取れますし基本的に一度割れたり壊れた物は修理しても長くはもたないからです。
 
ご本人の希望は確認しますが当院の考えを理解して下さる方をできれば長く診させて頂ききたいと思っています。生意気ですが。ご理解の程をお願いします。

/インプラントならわかば歯科/

2011年9月17日

今日、60代男性のインプラントオペを行いました。右上5番の1本でした。

歯周病でぐらぐらした歯を抜歯し、十分にそう爬。 上顎洞までの距離が7ミリだったので

人工骨を使ってソケットリフトを応用したインプラント手術となりました。

アストラテックインプラント5.0ST 9ミリ。 初期固定45N。  若干遠心が埋入深度が浅かったので人工骨、コラテープのマイナーGBR。

/インプラントならわかば歯科/


2011年9月16日

入れ歯にも歯の全くない総義歯(総入れ歯)と何本か歯の残っている部分入れ歯

なるものがあります。総義歯の場合、上顎であれば顎と入れ歯の接触面積が大きい

のでなんとかうまくいく場合が多くあります。

問題は部分入れ歯なるものです。 どうしても歯と歯のないところの粘膜の負担が異なるため

入れ歯のばねのかかっている歯が負担を強いられてしまいます。 そのため部分入れ歯を
 
入れたが故余計に歯をなくす結果になります。 正直、保険外義歯であってもお勧めできません。

やはり、インプラントをすることで他の歯に負担を与えないことが大事です。

/インプラントならわかば歯科/

2011年9月15日

床矯正治療は6歳から10歳までは非常に効果がありこれだけでも患者さんに満足

のいく結果が得られることも多くあります。 10歳以降犬歯が生えてくると床矯正治療だけで

なくワイヤー矯正治療が必要となります。 固定式なので歯科医師側からすると確実に

結果が得られるメリットがあります。 ただ、やはりブラケットと呼ばれる金具をつけると

ハブラシが難しいので虫歯になりやすいのも事実としてあります。そういう意味でできるだけ

早い時期(犬歯が生える前に)矯正相談をおすすめします。

/矯正治療ならわかば歯科/


2011年9月12日

昨日は1年コースのインプラントセミナーに参加してきました。

インプラントと咬合についてとピエゾサージェリーについてでした。

福井県で開業されている小笠原先生は一切保険診療をせず自費治療を

しているということでした。やはり、治療に関して自信とプライドがあるのだと思います。

自分も多くのセミナー、本などから少しずつ勉強して信頼される歯科医師になろうと

思いました。
/インプラントならわかば歯科/

2011年9月10日

歯をもたせるには 歯周病や虫歯の治療、予防には異論がありません。ここに我々
歯科医師によるかみ合わせの確認が大事になります。 奥歯が2本以上喪失しますと
入れ歯かインプラントの選択となります。 当院でも全国的にも入れ歯を選択される
方が多いと思います。

当院でも入れ歯の治療をしていますが積極的な立場ではありません。 できればインプラントを

選択していただきたいと思っています。 それは入れ歯を入れることで1:バネをかけている歯に
負担がいき歯がなくなっていく 2:歯が喪失しなくても歯のないところ(顎堤)が減っていくこと
がわかっているからです。 インプラントをすることで歯の喪失、顎堤の保存を保つのが
大事だと考えています。 
かみあわせに入れ歯が組み込まれると残っている歯に余計な負担がきます。 それも考えますと
やはり入れ歯をお勧めできないのです。
/インプラントならわかば歯科/

2011年9月 9日

ホワイトニングとは歯を削らずに歯を漂白することです。 いわば、髪を脱色して金髪などに

染めるイメージですね。 20代、30代の方は歯に対する意識が高いので歯をできるだけ

削りたくない。 しかも、歯を白く健康に保ちたいという方が多く相談に来られます。

当院ではクリーニンング、ホームホワイトニングを主体にやっています。 うまくいきますと

1週間以内に白くなる方もいます。

/ホワイトニングならわかば歯科/

2011年9月 8日

インプラントオペ後の痛みはどの程度でしょうか? 

インプラントの本数、骨造成(GBR)したか? 抜歯を伴ったか? 上顎か下顎か?
など施術したオペ内容によります。 例えば、単純に2,3本インプラントオペをしただけなら

ほぼ痛みはないと思います。 骨造成した場合は痛みが2,3日続く場合があります。
2日前にした方の場合1本オペしましたが骨造成を大幅にし減張切開したので痛みが

若干あったみたいです。 痛みで眠れないというオペは今まで経験したことはありません。
CGFの効果も大きくあると思います。

なので手術で痛いのではないか? と思われる方はそんなに不安に感じる必要はありません。

/インプラントならわかば歯科/

2011年9月 6日

今日、60代男性右下5番のインプラントオペをしました。 CT,模型上の診断でオトガイ孔

下顎管までの距離、歯槽提幅よりある程度シュミレーションを行いました。

今回は骨幅不足なのでGBRが必要。 通常通り、採血しCGFを作製。 術中、オトガイ孔との

距離確認のためレントゲン撮影しながらオペしました。 あまりに骨がスカスカで最終的に

人工骨(オスフェリオン、DFDBAの混合)にCGFを混ぜなんとか初期固定を得ようとしましたが

10N。若干深めに形成し人工骨とCGF,減張切開しナートしました。 今回のインプラントは

サイブロンインプラントなのでRBMの表面性情でなんとか骨とくっつくのに時間はかかりますが

失敗はないのではないかと思います。

/インプラントならわかば歯科/


2011年9月 5日

3ヶ月前に右下4,6番、左下4,6番の計4本したインプラントの2次オペを行い

ました。多数歯欠損つまり多くの歯がなく入れ歯をいれている患者さんの場合2回法

の術式を選択します。 今日は4本ともインテグレーションしていました。 そのうち2本は

抜歯即時埋入だったのですが余計に骨ができていてカフ長が長くなりました。

そのまま仮歯までいきました。 あとは歯茎が治りかたどりしていけば3週間以内に新しい

歯が入ります。

/インプラントならわかば歯科/


2011年9月 3日

 今日、4歳、女の子、受け口の相談で来院されました。 歯科医院によってはとりあえず

 永久歯になるまで様子みましょう。 という歯科医院も多いと思います。確かに、乳歯から

 永久歯になる時点で歯の角度は乳歯より永久歯の方が被蓋が大きくなります。しかし、

 受け口で下の歯が上の歯を多いかぶさってる場合ほぼ無理といってもいいと思います。
 
 つまり、様子みましょうと言ってぼや騒ぎが大火事になり大災難になってしまいます。

 それは結果として高額な矯正治療、最悪は外科矯正となっていく可能性が多々あります。

 気がついた時点ですぐに治療を行うのが小児矯正、特に受け口の場合は悩む前にムーシルド

 や機能訓練(MFT)を行うべきです。

/床矯正ならわかば歯科/


 

2011年9月 2日

矯正歯科というと10代、20代の若い世代の治療であると思われている方も多い

と思います。 50,60代でも矯正歯科をして歯を綺麗に並べてから審美歯科、

美容歯科をすることでアンチエイジングが果たせます。

今日、50代の方の矯正歯科(MTM)をして歯並びを修正し、今後セラミック治療

インプラント治療を併用していきます。 かめるだけでなく綺麗に若々しくなってもらう

のも歯科治療の醍醐味でもあります。

/審美歯科ならわかば歯科/


« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業