«  2011年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年5月30日

 ホームページのお蔭か床矯正治療ご相談の患者さんがかなり増えております。

 臼井市や印西市、千葉市からも来院されてきています。

 それだけ床矯正治療が普及してきているのとお子様を大事にしている方が

 多くいることを実感しています。通常の矯正治療は小学4,5年生まで様子

 みて抜歯を前提にした治療に対して床矯正治療はできるだけ歯を抜かないこと

 前提にした治療なので体にも優しい治療となります。自分自身7,8年かけて

 矯正治療をした経験がありますから2段階治療の通常の矯正治療は過酷だと

 思います。床矯正治療のできるだけ早期にアプローチし簡単に治す治療は

 是非お勧めしたい治療です。

  /床矯正治療ならわかば歯科/

2011年5月28日

 2ヶ月前に下顎床矯正装置(側方拡大床)を装着しまた。下の前歯に1ミリ以上の隙間が

 できてました。やはり、一日12時間以上使用していると効果が確実にあります。一日

 寝ている時だけという8時間程度ですとあまり効果が期待できません。ご家族で一緒に

 歯並びをよくするという目標を立てて頑張っていくことが大事だと思います。

 /床矯正治療ならわかば歯科/


 

2011年5月26日

7歳女の子。主訴:歯並びが気になる。 下の歯がガタガタしている。 本日、下顎の床矯正

治療のための型どりをしました。6番遠心移動装置です。 側方拡大床装置ですと装置が

多く必要になりますが6番遠心移動装置は顎骨内の移動が行われ費用が低く抑えられ

効果も高いです。慣れたら上顎にも遠心移動装置を入れれば上下同時に非抜歯で簡単に

治療が終了できます。

/床矯正治療ならわかば歯科/

2011年5月24日

 昨年に続いて本年も5月21,22日に韓国ソウルでインプラントセミナーに参加しました。

 今回のセミナーはDr.ソンによるピエゾサージェリーとCGFのセミナーでした。

 韓国では歯科医師の7割以上がインプラントをしており日本よりインプラントが進歩

 しています。整形、インプラント、審美歯科が韓国ではブームだそうです。

 今回特に勉強になるのは日本人が韓国人と骨格が似ているので治療手技

 が応用できる部分が多くありました。 ピエゾを早速導入して低侵襲のオペを実践して

 いきます。 

/インプラント治療ならわかば歯科/

2011年5月23日

本日、70代女性のインプラントオペを行いました。入れ歯をなくしたいとの希望です。
下顎左右計4本埋入でした。 右下3番、左下4番抜歯即時埋入。右下、左下6番スタンダード
埋入。抜歯した孔とインプラントとの隙間をバイオスとDFDBAの人工骨を混ぜ添入。
抜歯即時埋入のポイントは舌側壁に沿ってやや深めに埋入することで今回はうまく
いき埋入トルクも35Nでした。 

/インプラント治療ならわかば歯科/


2011年5月20日

床矯正治療で6才臼歯を遠心移動し作った隙間にリンガルアーチで固定、ブラケットを

全顎的に装着しました。八重歯の犬歯を作った隙間にうまく誘導できればあとはニッケル

チタンワイヤーどそろえるだけです。 やはり、床矯正治療は7歳前後でないとワイヤー
 
矯正が必要となり治療そのものが複雑になりますので早目の治療をお勧めします。

/床矯正治療ならわかば歯科/


2011年5月17日

 本日、お二人のインプラントオペを行いました。 
50代女性。先月3本埋入して今回上顎前歯から右上奥歯まで4本連続埋入でした。
CT画像より骨高は13ミリ近くあり問題ありませんでしたが、骨幅が予想外で4ミリ前後と厳しかったです。まず、採血しCGF作製。 4本抜歯しそのまま口蓋側低位埋入。約2ミリ深く埋入。インプラント
との隙間にCGF+人工骨を混ぜ添加。 コラテープでふたをしナート。

60代男性。左右6番目の1本ずつ。 骨幅も下顎管までの距離も十分ありイージーケース。
切開からインプラント埋入、ナートまで左右で30分かからず。切開も大きくしてませんから
痛みもほぼ無いでしょう。無痛インプラントオペですね。

/インプラント治療ならわかば歯科/


2011年5月16日

30代女性のインプラント矯正を行いました。 左下6番欠損。 通常ブリッジにしたい

ところですが手前の5番の歯が内側(舌側)に傾いてブリッジが困難な状況に

ありました。ミニインプラントを6番に埋入し5番の歯を引っ張りました。 3ヶ月も

すれば通常通りブリッジが入るでしょう。 インプラント矯正は非常に簡単で痛みも

ありませんのでお勧めの治療です。

/矯正治療ならわかば歯科/

2011年5月14日

 本日、60代女性のインプラントオペを施術しました。左下6番下顎管までの距離10ミリ、
 
 骨幅5ミリ、義歯を安定させることが目的なのでアストラインプラント3.5ミリ、長さ8ミリ

 を埋入しました。 骨がスカスカだったので形成自体を最小限にしオステオトームテクニック

 で35Nで埋入。 2回法の完全埋入としました。全ての工程15分で完了。


  /インプラン治療ならわかば歯科/

 
 

2011年5月10日

 本日、50代男性のインプラントオペを行いました。左上4,5番に2本埋入しました。

 通常通り、採血しCGFを作製。 左上4番は骨幅、骨高は十分あり難易度は低いのですが、

 左上5番は骨幅4ミリ、骨高2~3ミリ。CGFに人工骨を混ぜ慎重にソケットサイナスエレベーシ


 ョンほとんどドリリングなして埋入。3.7径のインプラントが初期固定全くなかったので径5.0に

 変更し初期固定20Nを獲得。周囲にCGFを添入しナートし終了。1時間かかりましたが無事に

 終わりました。

 /インプラン治療ならわかば歯科/


2011年5月 7日

 床矯正治療で顎を拡大したり歯を奥に送り出すことが可能となります。

 その次にブラケット治療で歯のガタガタや八重歯の歯を適正な位置に歯を移動

 できます。特に、以前と異なりブラケットそのものがプラスチックやセラミックとなり

 目立たなくできます。また、力(トルク)もニッケルチタンワイヤーを使用しますので

 痛みも最小限にできます。本日、フルマウスのブラケットを小学4年生の女の子に

 装着しました。

/矯正治療ならわかば歯科/


2011年5月 1日

 開口治療を床矯正治療で行いました。 

 小学2年生女の子、舌を出す癖があったためご両親が気がついた時には前歯が

 開いていました。タングリブという舌壁除去装置(床矯正治療)を使い始め2,3ヶ月

 でだいぶ歯が合わさってきました。 あと、半年の装置の使用と前歯で噛み切るという

 食事の訓練を行えばよくなると思います。


/矯正治療ならわかば歯科/

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業