«  2011年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年3月31日

今、春休みで震災と停電、原発による放射能汚染様々な要因で実家が九州や名古屋などの

お子様のいる方は自主避難されている方が多くいます。 やはり、飲み水や空気など汚染

されていると不安ですよね。 早く収まることを祈ることしかできません。 治療途中のお子様の

虫歯の治療を早く再開したいと思っています。

http://www.wakabadc.jp/

2011年3月26日

当院ではNeo矯正研究会に所属しております。 Non-extraction-orthodontist の略になります。

非抜歯で矯正治療を行うということです。主催が震災のあった福島県 気仙沼で開業されている

千葉先生です。先日、ご本人から無事の連絡があり一安心しました。 千葉先生の指導で本日小

学3年生男の子の上顎遠心移動装置がうまくいってスペースができていました。スペースができ

ればあとはブラケット治療で再排列すれば終了予定です。

http://www.wakabadc.jp/


2011年3月25日

虫歯には様々な病態があります。 初期虫歯という全く痛みがなく歯が白濁した場合、歯がしみてき

たり歯に穴があいて物が詰まってきた場合、更に進んだものが痛みがでてくる場合です。

それぞれの虫歯のレベルに合わせて治療があります。特に、痛みがでてくると治療も時間

がかかりますのでお早めに診療を受診することをおすすめします。


http://www.wakabadc.jp/

2011年3月21日

今回の東日本大震災被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。 物資が足りない
 
避難生活で十分な歯磨きは難しいと思います。特に口の中の衛生がよくないとストレスなど

も影響し免疫力が低下していますから誤嚥性肺炎のリスクが高まります。

少しでも口の中をうがい程度でも行ったり入れ歯は寝る前に外して磨くなどが大事に

なります。 

http://www.wakabadc.jp/


2011年3月16日

関東、東北大地震の影響により当院でも計画停電第2グループに入っております。

予約を取っている患者様、当日予約の患者様、ご迷惑をおかけしますが

日によって、時間によって計画停電が実施されるため診療を行うことができな

くなってしまう時間がでてしまいます。 その時は申し訳ありませが休診にすることに

なりますのでご了承お願いします。

2011年3月10日

わかば歯科の小児歯科 スマイルクラブ 特典があっておすすめです。

フッ素塗布無料、歯ブラシ指導、使った歯ブラシの無料進呈だけでなくポケモンの

歯の健康ノート、がちゃがちゃなどお子様が進んで歯科医院に受診できるように

配慮しています。 

http://www.wakabadc.jp/


2011年3月 8日

今日、50代男性のインプラントオペを施術しました。

歯周病で骨欠損が大きく上顎ということもあり難易度は高いオペでした。

右上4,5,6番欠損に4,6番に2本、左上4,5,6,7番欠損に本日は7番相当部位に1本
埋入。 採血を行いまずCGFを作製しました。 右上は3番の歯周外科手術も同時に行いました。
肉芽を掻爬し4,6番に耳鼻科用のドレープで上顎洞底のパーフォレーションに注意しながらジェントリーにCGFと人工骨を混ぜソケットリフトエレベーションにてインプラント埋入。それぞれ6ミリの骨高部位に径4.8、11ミリのEBIインプラントを埋入。左側も同様に径5.0,10ミリのケンテックインプラントを埋入。骨質がタイプ4で骨量も不十分であったため15Nのトルクしか得られませんでした。
最後に義歯をティッシュコンディショニングで調整を行いました。歯がないと食べれませんからね。
15NでもCGFが添加されているので4,5ヶ月で十分オッセオインテグレーションが得られるでしょう。しかも、痛みはかなり少ないと思います。

http://www.wakabadc.jp/


2011年3月 6日

仕事や学校などで忙しいがゆえ治療が中断されたまま半年、1年そのままの方が

多くいると思います。虫歯の治療の中でも根っこの治療を開始すると何度も歯科医院

を受診しなければなりませんからね。 ただ、治療途中が一番歯には悪影響を及ぼします。

歯の中(象牙質など)が外に露出し虫歯が広がり抜歯をせざるを得ない状況になる場合も

あります。 できるだけ、早期に歯科医院を受診して治療をしましょう。

http://www.wakabadc.jp/

2011年3月 3日

歯槽膿漏というのは今歯周病と呼ばれています。 歯茎から出血を伴う経度のものから歯茎から膿がでてくる中程度のもの、歯がぐらつく重度のものまでさまざまな症状があらわれてきます。

軽度から中程度の範囲だと無症状の場合も多く沈黙の病とも呼ばれています。

ただ、治療を行わないと歯が抜けるまで進行してしまうので早期発見、早期治療が大事

です。当院では歯周病の治療を柱にすえていますんでご相談下さい。

http://www.wakabadc.jp/


2011年3月 1日

50代女性のインプラントオペを行いました。 左下6番欠損、左下4番埋伏残根歯抜歯。

左下頬舌4ミリ前後、下顎管まで13ミリ。CT撮影で十分確認して安全なオペを目指します。

予定通り8ミリ骨削してデンタルレントゲンで確認し10ミリまで深度を調整。骨が柔らかかったの
でテーパータイプのケンテックインプラント4.0を埋入。45N達したのでややアンダー埋入。コンプレッションネフローシスを防ぐのが大事。 頬側の骨劣開部分を人工骨、コラテープで出血を十分にいきわたらしてナート。 1本だったので15分程度でした。 埋伏残痕歯の抜歯の方が難しく20分以上もかかってしまいました。 

http://www.wakabadc.jp/


« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業