«  2010年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年12月29日

インプラントの種類について。

まず、大きく分けて日本製かヨーロッパなどの海外製か? 日本車やデジタル部門で

日本の製品は世界的に評価が高いのですが医療分野でいえば真逆でそんなに評価が

高くなくあまり世界で日本製インプラントは普及していません。 その大きな理由は薬事法
が関与しています。以前、薬害エイズなどの問題などがあったせいもあるかもしれません。う

もう一つは土台が入ってるのか? 土台込みのインプラント(1ピース)か土台と分かれているか
2ピース)。 
 
日本製で1ピースインプラントは価格が安く海外製で2ピースインプラントですと同じインプラント
であってもかかっているコストで2,3倍差がでてしまいます。

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月27日

インプラントの価格について。 1:総額か? 例えばインプラントオペ代の価格か

そうではなく土台や被せ物が価格に反映されているか? よくあるのがオペ代を

低く設定しておいてそれ以外の治療費GBRやソケットリフト、サイナスリフトを高く

している場合が多いです。というのはインプラント治療でGBRやソケットリフトは5,6

割以上、つまりほぼ半数以上の症例で必要な治療となります。


別途土台、被せ物となると1本10万と書いてあるが実際1本総額40万という場合も多くあります。

みなさんご注意下さい。

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月26日

インプラントが歯科医院によって10万円~50万円と大きく価格が異なります。 適正な

価格って?  みなさん頭を悩ますでしょう。  自分なりに基準を述べます。 

1:総額の価格か? 2:インプラントの種類 3:被せ物の種類 4:歯科医師の技術、経験

5:開業立地 6:CTを備えているか 他にも多数ありますが大雑把に言ってこんなところでしょうか。

次回から細かく記述していきます。

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月25日

インプラントの被せ物について。 天然歯に被せる歯に比べてインプラントの場合、適合精度

が求められます。 歯に比べてインプラントが緩衝能力がほぼ無いためです。インプラントオペ

だけでなく被せ物の型取りや装着時は難しく経験が必要だと思います。 そういったことで

インプラント治療が高額な所以でもあります。

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月24日

審美歯科とは「芸能人は歯が命」というCM広告にあったように歯を顔の見える一部として

できるだけ綺麗に歯を見せようという治療です。 具体的にはセラミックを使用したり歯を

漂白することなどをいいます。 最近はアンチエイジングが注目されていますので20代

の方だけでなく50,60代の方も審美歯科をやられる方が多いです。

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月23日

8020運動を聞いたことがありますか? 自分の歯を80歳まで20本を残そうということです。

実際、日本人の約3割近くしか達成されていないことが調査の結果分かっています。

自分の歯で一生物を食べる。 入れ歯にお世話にならない。 これは大事なことで

咀嚼とボケ防止やアンチエイジングには大きな因果関係があると言われています。

それには定期健診の重要性、予防治療が重要であると思います。 また、仮に歯がなくなっても

入れ歯を選択するのではなくインプラントを選択するのも他の歯を残す意味で大事だと思います

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月22日

歯の神経の治療を根幹治療と呼びます。 一般的に何回も時間がかかる治療というのがみな

さんの感想だと思います。 この治療は歯の基礎工事であり歯科治療でも歯周病と同様

重要な治療でもあります。 ただ、しっかり治療すれば歯が寿命が神経のある歯と同様に

なります。 当院ではラバーダム、ニッケルチタン、3Dコンデンサーで治療していますので特に

力を入れていますのでご相談下さい。

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月20日

4歳から8歳前後のお子様で受け口(反対咬合)を気にされているご家族の方もいると思います。

受け口になると年々改善するどころか下顎が前に出てくるので見た目も目立つようになります。

ムーシールドは4歳から8歳前後に寝ている時に装着するだけで短期間で大きく改善が見込める

治療法です。 気になる方は当院でも行っていますのでご相談下さい。

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月19日

歯を抜くことに抵抗を感じている方も多いと思います。 当然、我々歯科医師も如何に歯を抜かな

いようにするには? と思案しています。 しかし、どうしても抜かなければいけない場合があります。

1:歯がぐらぐらしている。(治療対象外のレベル) 2:歯が深い位置で折れていたり虫歯が深い

場合 3:根っこの病巣が大きい場合など これらは治療してもどうしても難しい場合があります。

これらを放置すると歯の周りの組織に悪い影響を及ぼします。 

納得がいかない方はセカンドオピニオンとして他院や大学病院での受診をお勧めします。 

駄目な歯を抜歯をすることで他の組織や歯を残すことになることも場合によってはあるのです。

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月17日

本日もインプラントオペ。60代男性。 右下5,6番欠損。 下顎の場合、注意点は 1:下顎管

2:コンプラレッションネフローシス の2点。 術中レントゲンで下顎管との距離を確認。 今回は

サイブロンインプラントのテーパータイプだったのでオーバートルクに注意して埋入。30N以下に

。右下6番が頬側に骨裂開。 低侵襲の痛みの少ない治療を心がけていますのでGBRは人工骨

を添入しコラテープでナート。 

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月16日

患者さんは女性。右上6,7番欠損。 CT、模型診断より歯槽提幅4ミリ、上顎洞底まで5ミリ前後。

採血をし、CGFを作成。 2ミリのみバーを使用し他はREOにより骨幅を増大しながらソケットリフト。

ソケット部にCGFを添入し径3.7、長さ10ミリのインプラントを2本埋入。 口蓋側に裂開部分
 
に人工骨を加えたGBR. レントゲンを再度撮影して終了。 CGFを使用するようになって上顎は

感染リスクと痛みが出る患者さんが減りました。 

ソケットリフト、GBR,サイナスリフトにCGFは必須。

http://www.wakabadc.jp/

 

2010年12月15日

みなさん歯医者の苦手な方も多いと思います。 痛そうだとか怖いと思っているのが原因の一つで

もあります。 当院では痛みをできるだけ少なくしようと努力しています。 麻酔 特に、表面

麻酔をしてじっくり時間が経ってから麻酔をし、コンピューター式麻酔器で麻酔をしています。

治療でも3Mixを使うことで痛みがでにくい治療を実践しています。 

痛みに弱い方や歯医者が苦手な方はご相談下さい。

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月13日

お子様の歯並びは気になりますか? 
子供の両親や親戚に受け口や出っ歯でないのに何故?この子は受け口だったり出っ歯なのか? 

こういうケースは実は口を普段から閉じなかったり舌の位置が本来の位置にないなど機能に問題がある場合が多いです。 

これをMFT(筋機能訓練)といいます。 

機能を改善することで本来の歯の位置に戻り顔・形に影響を及ぼします。 場合によっては高額な矯正治療をせずに済む可能性もあります。 
当院でも床矯正治療、MFTに力を入れていますので気になる方はご相談下さい。

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月12日

インプラントの治療は手術ということもあり時間がかかり痛みが長時間続くのではないか?と思っている方が多いのでは。  

実際、ほとんどの方のインプラント治療はよほどの難症例でない限り1本当たり30分はかかりません。 

親知らずを抜く方が難しく時間がかかる場合があります。 抜歯する場合と異なり骨などにダメージが及んでいない分術後の痛みや腫れはあまりありません。

 また、当院ではCGFという最新機器により痛み、腫れ、インプラントの失敗を大きく低下できます。痛みで躊躇されている方はご相談下さい。
http://www.wakabadc.jp/

2010年12月11日

口臭が気になる方が多いと思います。 歯周病などが原因で治療が必要な病的口臭から唾液が少

ない場合に起こる生理的口臭、精神的な原因による口臭恐怖症などがあります。心配な方は歯科

医院を受診し歯周病の検査、唾液量などをチェックをおすすめします。当院でも顕微鏡を用いた歯

周病菌の検査を実践しています。

http://www.wakabadc.jp/
 

 

2010年12月10日

歯槽膿漏とは歯周病と同じことをいいます。  症状としては口臭がしたり歯ブラシによる歯茎からの

出血であまり自覚症状がないのが特徴です。 そのため、気がつくと歯がぐらつくため堅い物が食べ

ずらくなり最終的には歯がなくなる原因の主因ともなっています。 できるだけ、若いうちから歯科医

院の定期検診が重要となります。

http://www.wakabadc.jp/


2010年12月 9日

自分の子供頃といえば、歯医者といえば混んでいて痛い思いをするところというイメージがありまし
た。 実際、自分が歯科医になって虫歯だらけという子供は大変少なくなりました。 予防という考え
が自分と同じ世代に広がっているためだと思います。 虫歯がなくてもフッ素塗布をしたりクリーニングをしに歯医者に行くことは大変重要であります。 

当院でもスマイルクラブがあり子供の歯を虫歯にしないように努力していきたいと思っています。 

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月 8日

一般的に、矯正治療と聞くと全部の歯に針金をつけて痛くて大変そうというイメージがある
と思います。 例えば、すいている前歯が気になるとかでこぼこしている歯を気になるとこ
ろだけ簡単に治せないものか?と考えている方も多いと思います。 

ぷち矯正治療は気になっている前歯だけを「歯を削らずに」、「目立たない装置」で「痛みも少なく」、「簡単に」治してしまおうという治療です。 

当然、必要の歯だけの治療となるので費用も通常の矯正治療よりリーズナブルになります。 歯をできれば削らずに綺麗にしたい方にはお勧めの治療法であります。

http://www.wakabadc.jp/

2010年12月 7日

お仕事や子育てでお忙しい方はなかなか歯科医院に受診するのは難しいと思います。

当院では土日、祭日でも診療致してますのでいつでも気兼ねなくご相談下さい。

インプラント治療から矯正治療、簡単な虫歯治療まで。


http://www.wakabadc.jp/

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
わかば歯科
わかば歯科
院長/大八木章好
http://www.wakabadc.jp/

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業