2011年1月31日 « トップへ

2012年4月 9日

最新式歯科CT PreVistaとは

PreVista~安心、安全のためのインプラント治療~
わかば歯科では最新式の歯科CT(Prevista Flex3D)を導入いたしました。インプラント治療だけでなく親不知の抜歯、中等度以上の歯周炎、難治性の根尖性歯周炎など今まで通常のレントゲンでは難しかった画像診断に有効となります。平成24年4月から親不知の抜歯や骨折など一部保険適応となりましたので今まで診断のために大学病院に紹介していた患者さんも当院で診断可能となりました。


PreVistaの被ばく量?
0.035~0.12mSv/hの被ばく量となっています。
具体的に人体が自然環境から1年間に受ける放射線量が2.4mSv/h、胃のX線撮影が0.6mSv/h、成田~ニューヨークの往復の線量が0.19mSv/hとなります。
そういう意味では最新式の歯科CT(PreVista)の被ばく量はかなり低線量となっています。 


歯についてのご相談・受診予約を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


2011年1月31日 « トップへ


診療時間外はコールバック予約