2009年 « トップへ » 2011年

2010年11月17日

保険外治療のおすすめ

(注)自由診療の場合、保険診療と異なり別途消費税がかかります。ご注意ください。
冠物
項目 イメージ 内容 費用
ハイブリット
セラミック
ハイブリットセラミック セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)の中間で出来ています。色、艶が保険の物に比べてよい物になっています。型の取り方から接着剤まで最もよい材料を使用します。 A: 50,000円
B: 31,000円
メタルボンド メタルボンド A: セラミック(陶器)で出来ていますので変色がまったくなく、色、艶が本物の歯と遜色なく自然に出来ます。金属から技工士、接着剤にまでこだわっていますのでおすすめです。
B: セラミック(陶器)で出来ていますので変色がまったくありません。メタルボンドAに比べると、品質がやや劣りますが、ハイブリットに比べると自然にできます。
A: 75,000円
B: 50,000円
オールセラミック オールセラミッククラウン 従来のメタルボンドに比べると金属をまったく使用しないので色や透明感がより自然に近い物になります。素材、技術に細部までこだわっています。 A(ステイン法)
75,000円
B(CAD-CAM)
100,000円
ラミネートベニア ラミネートベニア 歯の色が悪かったり、少しだけ歯並びが気になる方にお勧めの治療法です。歯の表面を少しだけ削り、表面にセラミックを特殊な接着剤で貼り付けます。 86,000円


奥歯の冠(奥歯は保険適用の場合、銀歯となります。)
項目 内容 費用
ハイブリットインレー(小) セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)の中間で出来ている、審美性の高い詰め物です。型の取り方から接着剤まで最もよい材料を使用します。 A: 31,000円
B: 20,000円
ハイブリットクラウン(大) セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)の中間で出来ています。色、艶が保険の物に比べてよい物になっています。型の取り方から接着剤まで最もよい材料を使用します。 A: 50,000円
B: 31,000円
セラミックインレー(小) セラミック(陶器)で出来ていますので変色がまったくない詰め物です。色や透明感がより自然に近い物になります。素材、技術に細部までこだわっています。 A: 50,000円
B: 31,000円
セラミッククラウン(大) セラミック(陶器)で出来ていますので変色がまったくない詰め物です。色や透明感がより自然に近い物になります。素材、技術に細部までこだわっています。 A: 75,000円
B: 50,000円
前装冠 クラウン(大) 保険の前歯に使用する材料(プラスチック)を奥歯に使用する材料です。数年すると変色しますが、奥歯であまり目立たない場所に使用することをおすすめします。 A: 31,000円

◎定期健診(1年に最低2回以上)を受診した方に限り、保険の冠物は2年以上、保険外の冠物は5年保証致します。

入れ歯
項目 イメージ 内容 費用
バネのない入れ歯
バルプラスト、
ルシトーン
(審美義歯)
バネのない入れ歯 歯や歯茎に合わせた入れ歯なので、自然で入れ歯を入れているように見られません。適合がよく、保険の入れ歯より良く噛むことができます。 10万〜15万円
※大きさによる


床矯正治療
項目 イメージ 費用
検査/診断料 検査/診断料 15,000円(模型、レントゲン、診断)
床矯正
(スクリューのある場合)
床矯正 70,000円
(拡大装置など一装置あたり)
床矯正
(スクリューのある場合)
床矯正 25,000円
(保定装置など一装置あたり)
マウスピース マウスピース 50,000円(一装置あたり)
ブラケット ブラケット 70,000円〜(範囲による)
調整料 調整料 2,000円
※調整は一月に一回調整いたします。
※矯正治療は保険外治療となりますので消費税対象となります。
※装置2個目以降は50,000円。再製作(破損など)35,000円

年齢、拡大装置の効果もあり顎が大きくなっていくと装置が合わなくなっていきます。お子さま個々によって違いますが、通常2〜3個必要な場合が多いようです。

インプラント治療費

インプラントオペ
(一次オペ、アバットメント、2次オペ込み)
日本製(JMM、ケンテック、ブレーンベース) 200,000円
外国製(アストラ:スウェーデン製、スプライン:アメリカ製) 300,000円
追加オペ GBR(骨再生療法) 50,000円
ソケットリフト(上顎洞底挙上術) 50,000円
サイナスリフト(上顎洞底挙上術) 150,000円
CGF 20,000円
FGG、CTG(軟組織移植術) 30,000円
冠物 FCK 30,000円
ハイブリット 50,000円
セラミック 75,000円
オールセラミック 100,000円

保証について(患者さま負担割合)

定期的に通われる方 通われない方
1年目 0% 50%
2年目 0% 50%
3年目 0% 50%
4年目 0% 75%
5年目 0% 75%
6年目以降 100% 100%

2010年11月 2日

ようこそ、わかば歯科へ

ようこそ、わかば歯科へ

数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。当院は2006年の開業以来、患者さまに満足していただくことを第一に考えてきました。

これからも地域の皆様に信頼される医院を目指し、慢心することなく、緊張感を持って患者さま一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

<当院の特徴>
【歯周病治療】歯ぐきが腫れた・血が出るという方
【審美歯科】歯の美容整形。美しい口元を手に入れる
【矯正歯科】リーズナブルな装置/見えない矯正装置をご用意
【インプラント】安心・安全のインプラント治療
【短期集中治療】治療を"凝縮"。通院の手間を減らす
【スマイルクラブ】お子さまが楽しく治療を受けられるように

 

【歯周病治療】歯ぐきが腫れた・血が出るという方

歯周病治療歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

当院では、内服薬で歯周病を改善する「歯周内科」や、骨組織を再生させる「歯槽骨再生治療」など最新で高度な歯周病治療メニューをご用意しています。

歯周病治療について詳しく知る
 

【審美歯科】歯の美容整形。美しい口元を手に入れる

審美歯科審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。白い「かぶせ物」「詰め物」をほどこし、歯を白くしたり、歯並びを改善することができます。

当院では、術後5年間の保証期間がついておりますので、治療後も安心です。

審美歯科について詳しく知る
 

【矯正歯科】リーズナブルな装置/見えない矯正装置をご用意

矯正歯科悪い歯並びをそのままにしておくと、歯磨きの時にブラシがうまく当たらないところが出てきて虫歯や歯周病になりやすくなります。また、噛み合わせが悪いとあごや首の筋肉にも無理がかかります。

当院では10万円から始められる「床矯正」とよばれる矯正装置や、見えない矯正装置をご用意しています。お子さまの歯並びが気になっている方はぜひ一度ご相談ください。

矯正歯科について詳しく知る
 

【インプラント】安心・安全のインプラント治療

インプラント
当院では歯周病治療を専門的に学んだ院長が歯周病治療と組み合わせたインプラント治療をおこなっています。そのため、より安全で長持ちするインプラントをご提供できます。

インプラントについて詳しく知る
 

【短期集中治療】治療を"凝縮"。通院の手間を減らす

短期集中治療短期集中治療とは、一度に治療をまとめておこない、治療回数を少なくする治療プログラムです。何週間も通院が必要な治療でも、治療内容をぎゅっと凝縮することで、通院期間を約1ヵ月程度に短縮することも可能です。もちろん、特別に短期集中治療の料金をいただくこともございません。

短期集中治療について詳しく知る
 

【スマイルクラブ】お子さまが楽しく治療を受けられるように

スマイルクラブ幼児期からの定期検診は健康的な口元を保つためには欠かせません。

当院では0歳~12歳までのお子さまを対象とした「スマイルクラブ」という虫歯・歯周病予防プログラムをご用意。お子さまが進んで治療を受けられるよう、さまざまな特典を取り揃えております。

スマイルクラブについて詳しく知る

2010年10月27日

受付

受付

こちらで診察の受付、様々な掲示、次回のご予約等をおこなっております。歯ブラシ、義歯(入れ歯)安定剤の販売もおこなっており、それだけで来院いただく患者さんも多くいらっしゃいます。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

待合室

待合室

日差しが入り込む明るい待合室です。少しお待たせすることがあるかもしれませんが、雑誌等を揃えておりますので、ごゆっくりおくつろぎください。

キッズスペース

キッズスペース

待合室隣のキッズスペースです。小さなお子さまにとって歯医者さんは苦手なところ...。それでも、このキッズスペースが好きで来院してくださるお子さまが多くいらっしゃいます。お子さま連れでもご安心してご来院ください。

診療室

診療室

当院のイメージカラー「緑」で統一された診療室です。患者さんのプライバシーを配慮し、診療台ごとに仕切られ、半個室となっております。一生の大切な歯をできる限り「抜かない・削らない」よう、治療を進めます。

強酸性水(EO水、強電解水)

強酸性水強酸性水とは、高い殺菌力を持った水のこと。黄色ぶどう球菌、レジオネラ菌。O-157、エイズ菌、新型インフルエンザなどの微生物を死滅させることが出来ます。さらに、強酸性水の原料は水と少々の塩のみですから、身体に優しいのが特徴です。当院ではこの水を器具・洗浄の消毒、ユニット、チェア周りの消毒に使用することで、高度な感染対策をおこなっています。

超音波洗浄器

水を超音波で振動させることで、水中に目に見えない細かい気泡が無数に発生します。その際にでる衝撃波が手の届かない隙間の汚れを粉砕して汚れを落とします。

オートクレーブ

オートクレーブオートクレーブ滅菌は高圧蒸気滅菌ともいい、121℃以上の高温、高圧蒸気滅菌で加圧することで、微生物を殺菌する装置です。

抗菌スリッパ

抗菌スリッパ安心してスリッパをはいていただけるように、清潔なスリッパを用意しています。

空気清浄機

空気清浄機空気中のウイルスや埃を抑制することで感染予防に少しでも役に立ちます。

矯正専門医/手嶋千沙子

矯正専門医 手嶋千沙子矯正専門医 手嶋千沙子
《院長よりひとこと》
お子様に大変人気がある先生です。ご本人も子供が大好きです。
矯正専門歯科で勤務されていますので小児の咬合誘導から成人矯正まで幅広く対応できます。
非抜歯治療を中心に治療されています。

歯科治療で、白く美しい口元を手に入れられます

歯科治療で、白く美しい口元を手に入れられます美しい口元を見るたび、「私もそんな歯が欲しい」とため息をついていませんか?生まれつきのものでも、後天的なものでも、歯の悩みをあきらめてはいけません。近年、美しい口元を作るための様々な歯科治療がどんどん登場しています。

実は私自身も、小学生の頃は歯並びが非常に悪く、大学病院で矯正治療を6年近く受けていました。当時は口元を気にして、大きな口を開けて笑うことができなかったり、知らず知らずのうちに口元を隠していました。

ところが、いざ矯正治療を終えてみると、歯並びもキレイになり、それまでのコンプレックスから開放されたんです。心なしか性格まで明るくなったような気がして(笑)。子ども心に、本当に嬉しかったのを覚えています。

こんな風に考えると、美しい口元には人生を変えるほどのチカラがあるわけです。実際私の患者さんの中にも、「インプラントを入れたおかげで、食事が楽しくなった」「歯を白くしたとたん、自分に自信を持てるようになった」という方は、数多くいらっしゃいます。

「歯を失ってしまったが、入れ歯には抵抗がある」「歯のカタチ、色がずっと気になっている」など、あなたが口元のコンプレックスをお持ちなら、ぜひご相談ください。数多くの治療方法の中から、あなたに合った方法をご提案させていただきます。

医師の夢を諦められなかった

医師の夢を諦められなかった高校卒業時に進路を決めるにあたって、医師になろうと決めていました。しかし結局、入試や学費など諸事情で医学部には入学できませんでした。そこでいったん医師の夢を諦め、千葉大学工学部応用化学科に入学しました。

そこで専攻した化学や物理の勉強はとても楽しく、研究者という新たな目標を立てていた時期もありました。しかし、大学2年の夏、やはり医師の夢を捨てきれず、実習や試験の合間に受験勉強を再開。歯学部への再受験を決めました。その結果、鹿児島大学の歯学部に運よく入学することができたのです。

大学卒業後は、東京医科歯科大学の歯周病学講座の研修医としてスタート。ここでは、すべての歯科治療の基本である「歯周病」を基礎からきっちり勉強。当時学んだ経験は、血となり肉となり、現在の診療においても、非常に役に立っています。その後は数院の勤務医を経て、2006年にわかば歯科を開業いたしました。

患者さんの10年先を考える

患者さんの10年先を考える患者さんの中には"自分の身体は自分が分っている。自分の思い通りに治療してくれ"という方も稀にいます。とはいえ、患者さんのご要望をすべて受け入れるのは、医師として少し違うなと感じるのも事実です。

たとえば、多くの患者さんは歯を抜くのを嫌がりますが、長期的・総合的に判断すると、抜いたほうがよい結果が出るケースもある。そんな患者さんに「患者さんが抜きたくないとおっしゃったから......」と、悪い歯を放置してしまうような治療を提案してしまうのは、プロではないと思っています。

大切なのは、患者さんの5年、10年後。今さえよければという視点ではなく長期的な視点で物事を考え治療をいくつか提案する。その中からご自身にとって必要な治療をご自分で選択されることがベストだと考えています。

口元にコンプレックスをお持ちの方、よく噛めないなどのトラブルを抱えている方、ぜひ一度当院までご相談ください。総合的な見地から、あなたに一番合った治療法をご提案させていただきます。

相談しながら決めていきたい

押し付け治療はしない私が患者さんと接するときに気をつけているのは、「相談しながら決めていきたい(押し付け治療をしない)」ということ。当然ですが、患者さんの悩みは一人ひとり異なります。たとえば、インプラントやホワイトニングを組み合わせながら、口の中を全体的にキレイにしたいという患者さんがいる一方、1本の歯だけを治療して欲しいという方もいらっしゃるわけです。

医学的に考えると、1本1本の歯を個別に治療するのではなく、なるべく総合的に治療したほうが、歯は長期的に安定します。とはいえ、総合的な治療には長期に渡る通院期間や、高額な治療費がかかり、拘束時間や経済的負担が大きいのが現状です。

そこで当院では、「まずは1本の歯だけ......」という患者さんに対しては、患者さんのご希望を最優先した治療を提供させていただいています。医学的な理想だけを考えた一方的な治療はしません。丁寧なカウンセリングを重ね、お互いが納得の上で治療に入ることが大切だと考えています。

プロフィール

プロフィールわかば歯科院長/大八木章好

【経歴】
1993年 千葉大学工学部応用化学科入学
1995年 鹿児島大学歯学部歯学科転学
2001年 同大学卒業
東京医科歯科大学歯学部歯周病学講座入局
2003年 同大学研修医終了
2004年 秋田大学歯科口腔外科臨床研修医所属
2005年 アピタ歯科理事として勤務
2006年 わかば歯科開業

【所属学会】
日本歯周病学会
顎咬合学会
O.S.I. Study Club(アストラテックインプラント)
CDRG友の会
Neo床矯正研究会
国際審美学会
日本歯科医師会会員
千葉県歯科医師会会員
八千代市歯科医師会会員
日本口腔インプラント学会会員

【認定】
POIインプラント認定
SPIインプラント認定
ITIインプラント認定
エンドポアインプラント認定
アストラテックインプラント認定
MDIミニインプラント認定
Zimmerインプラント認定
GORE Regenerative Material Certifying 認定
ISLDレーザー認定
OAMインプラントシステム認定
顎咬合学会認定医(噛み合わせ認定医)

【スマイルクラブ】お子さまが楽しく治療を受けられるように

スマイルクラブ

一生、健康な歯で食事や会話を楽しむことができたらどんなに幸せなことでしょう。そんな健康的な口元を保つために必要なのが、幼児期からの定期検診です。

当院では0歳~12歳までのお子さまを対象とした「スマイルクラブ」という虫歯・歯周病予防プログラムをご用意。お子さまが進んで治療を受けられるよう、さまざまな特典を取り揃えております。大切なお子さまにいつまでも健康的な生活を送ってもらうために。ぜひご入会をお勧めします。

特典
・歯の健康ノート(デンタルノート)をプレゼント。ポケモン、ミッフィーから選べます。
・定期健診でのブラッシング、フッ素塗布が無料。がちゃがちゃで楽しいおもちゃを進呈。
・治療の場合、スタンプラリーで5個たまるごとにプレゼントを贈呈。がちゃがちゃor歯間ブラシかフロスからお選びください。

小児歯科への取り組み

 当院ではお子様の治療は虫歯の治療を積極的に行うというよりも予防中心に考え
 ております。できるだけ、幼いうちから歯科医院に慣れてもらって虫歯をできる
 だけつくらないようにご家族と一緒に取り組んでいきたいと思ってます。

   実際の取り組み
 1)おさえつける治療はしません。

 2)治療回数を最小限に致します。

 3)楽しみながら治療をしていきます。

  
 1)おさえつける治療は将来的に歯科医院に対してトラウマになる可能性
   もあります。それぞれのお子様に合わせてじっくり付き合っていきます。

 2)治療期間が半年以上かかるとお子様も連れてこられるご両親も疲れてし
   まい予防まで頭が回らなくなってしまいます。

 3)スタンプラリーやガチャガチャ、七夕祭りなど季節ごとにイベントを
   行い治療だけでなく歯科医院に通うこと自体を楽しみにしてもらいたい
   と思ってます。

【短期集中治療】治療を"凝縮"。通院の手間を減らす

短期集中治療

「何度も治療に通うのは面倒だ」「来月から海外に行くので、それまでに歯を治療したい」「小さな子供がいるのであまり頻繁に外出できない......」「結婚を間近に控えており、挙式までにキレイな歯にしたい」「遠方から通っているため、通院回数を少しでも減らしたい」
そんな悩みを抱えている方はいませんか?

短期集中治療とは、一度に治療をまとめておこない、治療回数を少なくする治療プログラムです。何週間も通院が必要な治療でも、治療内容をぎゅっと凝縮することで、通院期間を約1ヵ月程度に短縮することも可能です。もちろん、特別に短期集中治療の料金をいただくこともございません。

ただし、インプラントや矯正のようにどうしても一定の時間がかかってしまう治療もございますので、治療の内容についてはご相談ください。

【インプラント】安心・安全のインプラント治療

インプラント治療

ご存知の通り、インプラント治療とはインプラント体とよばれる人工歯根を、直接顎の骨に埋め込む治療方法です。天然歯に近い噛み心地で、入れ歯では食べづらかったおせんべいなども、バリバリと食べることができます。カケラを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がないのも、大きなメリットといえるでしょう。

このページでは当院のインプラント治療とインプラントのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

<当院のインプラント治療の強み>

【セカンドオピニオン】インプラント治療を迷っている方へ
歯周病治療+インプラント治療でより長持ち
万一のトラブルに備え、安心の5年保証
【最新式歯科CT導入】神経など位置を正確に把握。安全なインプラント治療
【CGF】より早い治癒と組織再生効果が期待できる
【抜歯即時埋入】早く噛めるインプラント治療

<インプラント治療について>
インプラントのメリットについて教えてください
インプラントのデメリットについて教えてください
インプラント/ブリッジ/入れ歯の比較表

【セカンドオピニオン】インプラント治療を迷っている方へ

インプラント治療を迷っている方へ「インプラントの相談を主治医の先生にしたら、できないといわれた」「インプラントの説明を受けたけど、話が専門的でよく分からなかった」「インプラント以外の治療方法はないの?」そんな不安や悩みを抱えている方はいませんか?そんな方にお勧めなのが、「セカンドオピニオン」です。

「セカンドオピニオン」とは、複数の専門家に意見を聞いて、納得して治療を受けるための仕組みのこと。セカンドオピニオンによって、複数のアドバイスを受けることで、最も自分にあったインプラント治療を自ら選び取ることができます。

当院でも、インプラント治療のセカンドオピニオンを実施しております。「インプラントの料金は値段が不明瞭で不安」「どのような治療を受けるのか?痛くないか?」「インプラントは入れ歯やブリッジと比べてシッカリと噛めるのか?」といった疑問・質問に、丁寧にお答えいたします。
 

歯周病治療+インプラント治療でより長持ち

インプラント治療患者さんが歯を失う原因は、むし歯や歯周病など、人によって様々です。特に歯周病においては「歯が抜けてしまったからインプラント」といった考えはとても危険で、先々にわたりトラブルが発生する可能性があります。

このようにインプラント治療は歯周病のコントロールなしでは危険です。根本となる歯周病を治療することで、より高い治療効果を上げることができるのです。当院では歯周病治療と組み合わせたインプラント治療をおこなっていますので、歯周病がある患者さんでも、より長くインプラントをお使いいただけます。

ちなみに当院院長は東京医科歯科大学/歯学部/歯周病学講座にて、歯周病治療を専門的に学んだ噛み合わせ認定医でもあります。こうした、歯周病や噛み合わせの臨床経験も、安心できるインプラント治療を提供できる理由です。
 

万一のトラブルに備え、安心の5年保証

5年保証インプラント治療を受けた後、患者さんがもっとも気にすることは、インプラント体が抜けた、あるいは欠けてしまった......といったトラブルです。当院では治療後の万一に備え、5年保証をおこなっていますので、長期に渡り、安心してお使いいただけます。

さらに安心してお使いいただくためには、治療後4か月に一度の定期的なメンテナンスが大切です。メンテナンスを一度も欠かしたことのない熱心な患者さんは、安定した状態でお使いいただいています。5年保証と定期メンテナンスで、長期にわたり自分の歯でかめる喜びを味わっていただきたいと考えております。
 

【最新式歯科CT導入】神経など位置を正確に把握。安全なインプラント治療

最新式歯科CT導入当院では、高精度で安全な治療をおこなうため、術前の歯科用CT撮影を導入しています。CTとはコンピュータによって人体の断面写真を撮影して体組織を詳しく解析できる、優れた医療用診断機器のこと。

歯を支えるあごの骨の下には、大切な神経や血管が無数に通っています。そのため、インプラントをしっかり埋めようとするあまり、神経や血管などを傷つけてしまうと、大きな事故につながることもありました。

そうした事態を防ぐために、事前にCT撮影をおこなえば、従来の検査では詳しく調べられなかったあごの骨の状態を正確に知ることができます。CTという心強い道しるべのおかげで、リスクが限りなく少ない治療を提供できるというわけです。

最新式歯科CT PreVistaとは
 

【CGF】より早い治癒と組織再生効果が期待できる

CGF「インプラント治療の痛みが怖くて、治療に踏み切れない」「治療が成功するかどうかが不安」という方のために当院が導入しているのが、「CGF」という治療です。

CGFは「濃縮血小板」とよばれ、患者さんから採血させていただいた血液を専用の遠心分離機で遠心分離して作られるゲル状の物質です。このゲルをインプラント治療で使用すれば、傷を早く治す効果や、痛みを少なくする効果、骨造成時の感染を防ぐ効果などの効果が期待できます。

「インプラントの感染リスクの軽減したい」「痛みの少ない治療をしたい」「治療時間を短縮したい」という方、ぜひCGFを使用したインプラント治療をお勧めします。
 

【抜歯即時埋入】早く噛めるインプラント治療

インプラント治療インプラントは魅力的な治療方法だけど、噛めるまでに時間がかかるんでしょ?""何度も手術をするのはイヤだ"そんな考えから、インプラント治療を敬遠している方は多いのではないでしょうか?

これまでのインプラント治療では、抜歯後の穴がふさがるのを待ってからインプラントを埋入していたため、時間をおいて2回の外科処置が必要でした。そのため、治療期間が長くなるといったデメリットもありました。そこで当院では、抜歯後スグにインプラントを埋入する「抜歯即時埋入法」を導入。抜歯とインプラント埋入を当時におこない、仮歯を装着します。

これにより、一般的なインプラント手術よりもより短期間で噛めることができます。また、歯肉を切開しないので、痛みや腫れが少ないのも特徴のひとつです。

*どんなケースでも抜歯即時埋入ができるわけではありません。抜歯する歯の場所や状態にもよりますので、ぜひ一度ご相談ください。
 

インプラントのメリットについて教えてください

インプラント◆天然の歯と同じように噛むことができる
インプラントは直接あごの骨に植えていますから、自分の歯に近い感覚で噛むことができます。そのため、ブリッジや入れ歯以上に食事もおいしく感じることができます。

◆見た目も自然、発音も明瞭に
入れ歯やブリッジに比べて、見た目が自然です。口元を気にすることなく、大きな口を開けて笑うことができます。また、発音もしやすくなるので、しゃべるわずらわしさがありません。

◆ブリッジに比べて健康な歯を削らずに済む
ブリッジは隣の歯を少し削る必要があります。しかし、インプラントは直接あごの骨に埋入する治療方法であるため、隣の健康な歯を削らずにすみます。そのため、残っている自分の歯の寿命を延ばすことができます。

◆他の歯に負担がかからない
たとえば、部分入れ歯ならバネを両方の歯にかけて固定するため、噛むたびに他の歯に負担がかかってしまいます。その結果、両方の歯が抜けやすくなるといったデメリットもあるのです。ところがインプラントには、こうしたバネはありません。ですから、残っている歯に負担がかからないのです。

◆掃除がしやすい
形が天然の歯に似ているので、入れ歯やブリッジに比べてお口のお掃除がしやすくなります。掃除がしやすいと、入れ歯のように口臭に悩まされることもありません。
 

インプラントのデメリットについて教えてください

インプラントのデメリット「噛む力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法といえます。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

◆外科手術が必要
インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。さらに、通常よりも精度の高いかぶせ物や上質の材料が必要となります。そのため、手術を含めると、比較的、高額な治療費が必要となってきます。

◆治療期間が長い
治療期間が他の治療に比べて長くかかります。治療期間は最短でおおよそ4か月から半年ほどで、インプラントの本数が多い場合や骨を増やす処理もおこなう場合などでは、1年以上になることがあります。

◆誰でも治療できるわけではない
誰でも治療ができるというわけではありません。コントロールできていない重度の糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞既往後半年以内の方などの全身疾患がある方は、インプラント治療ができない場合があります。
 

インプラント/ブリッジ/入れ歯の比較表

項目/治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性 優れる 良くない 良い
噛む力 優れる 弱い 良い
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り (抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
治療期間 2~6ヶ月 2週間~2ヵ月 2~3週間

【矯正歯科】リーズナブルな装置/見えない矯正装置をご用意

リーズナブルな装置

小さなお子さまがいらっしゃるお父さま・お母さまのなかに、「子どもの歯並びをおかしい」と感じている方はいません?そんなお子さまにお勧めなのが、子どもの矯正治療です。

悪い歯並びをそのままにしておくと、歯磨きの時にブラシがうまく当たらないところが出てきて虫歯や歯周病になりやすくなります。また、噛み合わせが悪いとあごや首の筋肉にも無理がかかります。お子さまの健やかな成長のために、ぜひ矯正治療を始めてみませんか?

このページでは、当院の矯正歯科についてご紹介します。

【床矯正】10万円から始める矯正治療
【舌側(ぜっそく)・裏側矯正】見えない矯正装置
【取り外しOK。透明な矯正装置】マウスピース矯正

【床矯正】10万円から始める矯正治療

10万円から始める矯正治療床矯正とは、矯正装置によって歯を動かしたりアゴを拡大することで歯が並ぶスペースをつくり、歯並びを改善する治療法です。抜歯をせずに治療ができるため、永久歯が生えそろっていないお子さまでも治療をはじめることができます。

具体的には、プラスチックの床がついた取り外し可能な装置を、入れ歯のようにはめ込みます。装置のねじを巻いて調節することで、無理なチカラをかけずにゆっくりと治療していきます。

早期に治療を開始すれば、この装置のみで治療が終了する可能性もあります。一方で、治療が遅れてしまった場合、症状が複雑になってしまい、治療費用もかさんでしまいます。お子さまの歯並びをおかしい?と感じたら、なるべく早く矯正治療を始めましょう。

<床矯正のメリット>
・大人の歯を抜かずに治療を進めることができる(床矯正治療は非抜歯が原則)
・治療費が安く済む(早期治療なら10万円程度で済ませられる)
・装置の取り外しが可能である。

<床矯正のデメリット>
・治療に限界がある(複雑な不正咬合の場合や希望レベルが高い場合は通常の矯正治療を併用する必要)
・効果を発揮するには床装置を規定の時間入れる必要がある(患者さんや家族の治療への協力が必要)
 

【舌側(ぜっそく)・裏側矯正】見えない矯正装置

歯の裏側から装置を装着し、治療をおこなうのが【舌側(ぜっそく)・裏側矯正】と呼ばれる治療方法です。装置を歯の裏側につけるので、見た目に矯正中ということがまったくわかりません。営業職、接客業など、人前に出る仕事についている方にお勧めの装置です。
 

【取り外しOK。透明な矯正装置】マウスピース矯正

マウスピース矯正最近注目を集めているのが、透明で取り外しのできる"マウスピース型"の矯正装置です。透明であるため目立たないうえ、自分で取り外しができるので、食事中のわずらわしさがありません。

一定の間隔で装置を矯正して、段階的に歯を動かすことができる画期的な装置です。しかしながら、適応症がありますので、誰でもこの装置でできるわけではありません。

【審美歯科】歯の美容整形。美しい口元を手に入れる

歯の美容整形

「笑うと銀歯が見えて気になる」「歯や歯肉の色が気になる」「笑顔に自信を持ちたい」という悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?そんな方にお勧めなのが「審美歯科治療」です。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。白いかぶせ物」「詰め物」をほどこし、歯を白くしたり、歯並びを改善することができます。最近では、気軽に健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。

このページでは、当院の審美歯科についてご紹介いたします。

安心の「5年保証システム」を導入しています
白く美しいかぶせ物
【ラミネートベニア】歯を"ネイルチップ"で美しく見せる
【ホワイトニング】白く美しい歯を手に入れる

安心の「5年保証システム」を導入しています

安心の5年保証システムせっかく時間と費用をかけて手に入れた白い口元。治療後も安心して快適な生活を送りたいものです。そこで当院では、術後5年間の保証期間がついております。通常の使用で破損や脱落、不適合などが生じてしまった場合支障が生じた場合、術後、無料で再治療をおこなっています。

ただし、保証を受けるためには、定期健診(1年に最低3回以上)を受診していただくことが条件です。いつまでも健康的で美しい歯で過ごすために、ぜひご協力ください。
 

白く美しいかぶせ物

オールセラミッククラウン
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用したかぶせ物です。内部に金属を一切使用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

主に目立ちやすい前歯に使用することで、白く美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

◆金額:105,000円

<オールセラミックのメリット>
・まるで天然歯のような透明感
・歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもお勧め

<オールセラミックのデメリット>
・割れやすい
・歯を削る量が比較的多い
・保険外の治療なので、値段が高い


メタルボンドクラウンメタルボンドクラウン
金属でできた「かぶせ物」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さんがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。

当院では患者さんのご要望に合わせて、2種類のメタルボンド(メタルボンドA/78,000円メタルボンドB/52,250円 ※A:プラチナコース B:スタンダードコース)をご用意しております。

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない


ハイブリッドセラミッククラウン
これはセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた「かぶせ物」です。オールセラミックよりもやわらかく、他の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。とはいえ、年数がたつと変色してしまうといったデメリットもあります。

当院では患者さんのご要望に合わせて、2種類のハイブリッドセラミッククラウン(A/52,250円B/32,000円 ※A:プラチナコース B:スタンダードコース)をご用意しております。

<ハイブリッドセラミッククラウンのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<ハイブリッドセラミッククラウンのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない
 

【ラミネートベニア】歯を"ネイルチップ"で美しく見せる

ラミネートベニア歯の表面を0.5ミリくらい削り、その上に薄いセラミックを張りつけ、歯を白くして形や隙間を整えるものです。セラミックをかぶせる治療よりも歯を削る量が少ないので歯にかかる負担が少なく、ホワイトニングでは効果が期待できない変色した歯を美しく自然な色に仕上げることもできます。

◆金額:90,000円

<ラミネートベニアのメリット>
・歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
・ホワイトニングに比べ後戻りがない
・すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療をおこなわずに短期に治すことができる

<ラミネートベニアのデメリット>
・健康な歯を削る必要がある
・使用するうちに割れることがある
 

【ホワイトニング】白く美しい歯を手に入れる

PMTCPMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専門家によっておこなわれる歯のクリーニングです。PMTCでは、歯の表面に付着した、ヤニや着色汚れ、食べカスを、シリコンゴムの器具やペーストを用いてクリーニングしていきます。もちろん、痛みはなく、施術中に眠ってしまう方もいるほど。口臭の予防効果もありますので、ぜひエステ感覚でお試しください。

ホワイトニング
歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない加齢や、遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。ホワイトニングは、歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ、色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

・ホームホワイトニング
アメリカでのホワイトニングの6割はホームホワイトニングです。カスタムメイドのマウスピースを作り、そこにジェルを流して使います。ご自宅で使用可能なのでご来院は不要です。

・ガムブリーチング
歯ぐきの黒ずんだ変色を綺麗なピンク色にする方法です。

・ホワイトニングペン
マニキュアのような「ホワイトニングジェル」を歯に塗って歯を白くする方法です。ホームホワイトニングのメンテナンス用にもお勧めします。マウスピースは不要です。

【歯周病治療】歯ぐきが腫れた・血が出るという方

歯周病治療

歯周病とは、歯をささえる骨や歯肉の病気です。

たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなっていき、ついには歯が抜けてしまう怖い病気なのです。

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

このページでは、当院の高度な歯周病治療メニューについてご紹介します。

【歯周内科】内服薬で歯周病を改善する
【歯槽骨再生治療】重度の歯周病でお悩みの方へ

【歯周内科】内服薬で歯周病を改善する

歯周内科「プラークコントロールと歯周病菌を取り除くだけで、完全に歯周病が治りますか?」このような疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。一般的な歯周病の治療は、専用器具を使い、口腔内に溜まっている歯周病菌や歯石、汚れ(プラーク)を取り除き、歯周病の再発を防ぎます。

ところが一般的なこれらの治療では100%歯周病菌を取り除くことが難しく、その後のデンタルケアをおこなっても再発する可能性があります。そのため歯周病治療・予防には、歯周病菌を完全に取り除かなければなりません。そこで注目されているのが歯周内科です。

歯周内科とは、お薬を使った歯周病治療で、歯科医の処方に従いきちんと服用することで効果が得られます。今までの治療とは異なり、患者さんに苦痛を与えることがありません。新しい治療方法として注目されていますので、これからはからだの内側から歯周病を治す時代といえるでしょう。

治療の流れ
1.歯周病菌検査
顕微鏡で口腔内の歯周病菌を調べる

2.内服薬の服用
1日1回2錠剤服用

3.抗カビ剤によるハミガキ
抗カビ剤を歯ブラシにつけ、歯と歯ぐきの間を丁寧にブラッシングする

4.除菌後の歯石とり
薬の服用と並行し、歯石除去をおこなう

【歯槽骨再生治療】重度の歯周病でお悩みの方へ

歯槽骨再生治療「ひどい歯周病で悩んでいる」「現在、歯周病の治療に通っているが症状が改善されない」という方はいませんか?歯周病が進行すれば、歯を支える骨が無くなってしまい、次々と歯が抜け落ちてしまいます。

そんな方にお勧めなのが、歯槽骨再生治療とよばれる治療方法です。これは、歯周病で失われた骨を回復させ、しっかりとした骨組織を再生させることができる治療です。当院では主に「エムドゲイン法」という治療方法を採用しています。

エムドゲイン法
これは歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れや細菌を取り除いたあとにエムドゲインゲルを注入し、歯周組織を再生させる治療法です。エムドゲインは、スウェーデンで開発されたたんぱく質の一種で、子どもの成長期には欠かせない物質です。現在、世界中に普及し、感染症などの報告がなく、安全で治療効果が高いとされています。

2010年4月26日

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。

歯周病の原因は何よりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢=細菌をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって今以上に細菌を増加させないことが大切です。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病は何歳位から起こるものですか?

歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周炎の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりうるものなのです。

また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんど無いために、発見が手遅れになることもしばしばです。歯周病を予防するために、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が重要です。

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及んで、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差があり、大半の歯槽骨を失うほどの重いケースもあります。

一方で歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状で、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じものです。

これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。一方で最近は、歯肉だけでなく、歯を支える歯槽骨を始め、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため「歯周病」という名称が多く用いられるようになりました。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

発音しにくくなった気がします

お口の中の環境が変化したためです。これは慣れなのですが、慣れる期間については個人差があります。

頬や舌のあたりを、噛んでしまいます

歯のない期間が長期に及ぶと、歯のなかったスペースに頬や舌が入り込んできます。そこに新しい歯が入ると頬や舌の筋肉がその変化に対応できずに、舌や頬を噛んでしまう事があります。

筋肉は徐々に慣れていきますから、心配はありませんが、一度噛んでしまうと腫れてふくれるので、また噛んでしまうという悪循環が生じてしまいます。

あごの骨が少なくなってきた気がします

歯槽骨(あごの骨)は、加齢とともにある程度吸収していきます。インプラント周囲骨も例外ではなく、骨はある程度失われていきますが、過重負担や感染、免疫のバランスが崩れると骨吸収はさらに加速します。

インプラント周囲骨が大きく吸収してしまった場合、もしかすると同じ部位へのインプラント再治療は不可能かも知れません。その場合は別の治療法を検討することになります。骨吸収をいかに最小限に抑えることができるか、ということがインプラント治療の今後の課題です。

鼻から頬にかけて、感覚異常があるのですが......

上顎洞炎の可能性があります。上顎の上方には上顎洞という鼻に通じる空洞が存在します。(この上顎洞の役割は今だ解明されていません)

歯やインプラント体の先端は、この上顎洞と接近しているために、細菌感染が起きた場合、この上顎洞にも炎症が波及してしまう可能性があるのです。天然の歯でも見受けられる症状です。

インプラントをして数年後にインプラント体が動揺・脱落してしまった

多くの場合、インプラントの過重負担とインプラント周囲の感染症が原因です。
揺れているインプラント体を、ムリにお口の中に残しておくと、周囲の骨がさらに無くなってしまいます。早期に取り除くべきです。インプラント体を取り除いて骨と粘膜が治るのを待ち、再び新しいインプラントを植立するか別の治療法を選択するかを検討します。

感染に関しては、インプラントも歯と同じように歯周病にかかる事があります。
病気や免疫・体調の変化で、さらに加速する事もありますから、日ごろのプラークコントロールは重要です。また、ちょっとしたかみ合わせの変化が、インプラントをだめにしてしまう事もありますので、定期検診は必ず受けるようにしてください。

噛みごこちが少し違うのですが......

天然歯には、歯とあごの骨の間に歯根膜というクッションがありますが、インプラントにはこのクッションがないので、噛んだときの力が骨に直接伝わるためです。周りの歯とのバランスを考えながら噛み合わせの調整をします。

歯と歯ぐきの間・歯と歯の間に食べ物がつまりやすくなった気がします

インプラント体ともとの歯の根の太さが異なることに起因します。
歯と歯ぐきとの隙間が天然歯の時と全く同じ状態にならないことが関係しています。
もちろん人工歯を製作するときは詰まりにくいように色々な工夫をして設計するのですが、食べ物がつまらない形態というのは詰まってしまった汚れを逆にとりにくく、歯ブラシしにくい形態なのです。

歯磨きのしやすい形態も考慮していますのである程度はブラシでうまく対処していただくことが必要ですが、ちょっとした修正で改善できる事もありますから主治医にご相談ください。

インプラントはどのくらいもちますか?

患者さんのお口の中の衛生管理に大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いとインプラントの寿命が短くなる場合もあります。
インプラントの歴史は1950年から始まり、実用化されたのは1965年からです。実例として、1965年にインプラントを行った患者が亡くなるまでの41年間問題なく機能しておりました。

つまり40年間耐えられる実績は証明されております。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。インプラントの10年生存率は95~97%前後です。

手術後に注意することはありますか?

手術当日は、激しい運動、入浴(長湯しなければシャワー等は問題ありません)、飲酒も避けてください。また、感染を防ぐため、出された薬をきちんと飲んでください。うがい薬は手術翌日から使い、患部を清潔に保ってください。

自分の歯と同じように噛むことはできますか?

自分の歯と同じように考えていいと思います。自分の歯で噛める物はインプラントでも噛めます。

定期的な検診は必要ですか?

インプラントはチタンのため虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。また歯周病になると非常に進行が早いため、予防するために定期的にクリーニングが必要です。

手術後は歯が抜けたままですか?

ほとんどの場合、仮歯もしくは入れ歯を入れるようにしております。手術によってはすぐ入れられない場合もあります。ご相談ください。

薬は飲まなくてもいいですか?

痛みがなくても抗生物質と痛み止めは服用してください。感染予防と炎症を和らげる効果があります。

手術後の歯磨きはしてもいいですか?

手術した部位の歯ブラシは避けてください。縫い合わせている糸が切れたり傷口がひらいたりしますので、他の部位を歯ブラシで丁寧に磨くことをお勧めします。汚れると感染の原因になるからです。

その際、歯磨き粉は使わないようにしてください。また、歯磨きの後の「ぶくぶくうがい」もしないようにしましょう。どうしても、という方は軽くゆすいでツバを吐く程度でお願いします。

手術後のお風呂は大丈夫ですか?

できれば軽いシャワー程度にしてください。体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になります。

手術後の食事は大丈夫ですか?

ほとんどの場合、術後3~4時間ぐらいで麻酔が切れます。しびれが切れれば食事をしても大丈夫です。ただ、できるだけ手術をしてない箇所で食べ物を噛んでしてください。また、できれば柔らかい物をいただいてください。栄養をとった方が抵抗力がつきますので早く治ります。

手術後の運動は大丈夫ですか?

できるだけ運動は避けてください。体が温まると血流が盛んになり痛みが出たり、出血の原因になります。また体が疲れると抵抗力がなくなり治りも悪くなります。

手術後、腫れたりしませんか?

患者さんによっては外科的刺激が大きくなり少し腫れることもありますが、それ自体は手術に対しての当然の反応なので心配はいりません。多くの方は3~4日後に腫れがピークとなり、約1週間ほど経てば完全に収まります。

他人からインプラント治療を受けたことが分かってしまいませんか?

外観からインプラントをしていることに気づかれることは、まずありません。
インプラント治療において重要なのが、前歯の治療になります。近年この問題を解決すべく、さまざまなタイプのインプラントやそのパーツが開発されました。

ですから、食事中に外れたり、カタカタ音がしたり、会話中発音障害などもほとんど起こりません。インプラントは自分の歯と同じように何でも噛め、食事を楽しむことができます。

インプラントが歯周病になったらどうしますか?

軽度の場合は歯周病の治療を行います。重度の場合は手術が必要となってきます。場合によっては抜くしかできないこともあります。とはいえ、定期検診に通うことで歯周病の予防ができます。

将来、体に害はないですか?

害はないと考えていただいても、差し支えありません。ただし、チタンアレルギーの方は注意が必要です。万が一チタンアレルギーがあった場合、しばらくすると抜けてしまうからです。

食べ物で気をつけたほうがよいものはありますか?

堅い物を噛むと歯が割れる時があるように、あまり堅い物はやめた方がいいと考えております。普通に食べられる物であれば問題ないと思います。

インプラントが失敗したらどうなりますか?

患者さんが再手術を望めば、もう一度インプラント手術を行います。再手術の費用は保証内で行います。

手術後の入院は必要ですか?

入院は必要ありません。一応手術後は安静にしていただくように説明しておりますが、デスクワークなどの事務処理などの仕事は差し支えないと思います。

治療期間はどのくらいですか?

早い方なら、約2ヶ月程度で正常に噛めるようになっています。ただし、患者さんの食いしばりや歯ぎしりなどにより、多少伸びる場合もございます。

また、歯周病治療直後のインプラント埋入など、手術のリスクが高かった場合は、少し様子を見なくてはいけないためさらに数ヶ月かかります。

手術中はずっと口を開けてなくてはいけませんか?

器具の取り替え時など、患者さんが口を楽にする時間を設けておりますので、どうぞご安心ください。

手術時間はどのくらいかかりますか?

1~3本ぐらいであれば、1時間〜1時間半ぐらいで終わります。また、骨を作ったりと複雑な手術になるともう少し時間がかかります。

インプラント治療の成功率は?

成功率は90%の後半です。失敗の原因は色々ありますが歯周病菌などの感染などが考えられます。とはいえ、再手術を行うことができます。

インプラント治療はやはり大変ですか?

以前のインプラントご存知の方は、「大変な手術をして入れるもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。しかし、ここ十数年で素材や形態・植える方法が改良され、以前より簡単に処置できるようになりました。

最近では、素材が良く処置が以前に比べて簡潔になったことから、インプラントの件数も増えてきました。また、長期的にも機能することも分かってきました。

しかし一方で、やはりケアの重要性と適応症例の幅が問題となっております。まずは、全身疾患がなく喫煙されていない方が条件になってきます。喫煙は予後が悪く数年しか持たないケースが多く報告されております。

手術は痛いですか?

インプラントの手術は局部麻酔をかけますので、痛みはありません。
当院では、最新の技術を使用して、痛みの少ない治療を行っております。

高血圧ですが、インプラント治療はできますか?

血圧は薬でコントロールされていれば、問題ありません。

しかしながら、服用されている薬や症状など一人ひとりケースが異なる内容となりますので、事前に必ずご相談ください。

喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

喫煙者は絶対にインプラント治療が受けられないというわけではありません。とはいえ、喫煙はインプラントだけでなく、歯周病に対しても症状を悪化させる原因のひとつです。

タバコを吸われる喫煙者は、非喫煙者に比べインプラントの成功率が低いことが、学会の発表でも証明されております。タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮はインプラント治療に悪影響を及ぼすからです。

骨の量が少なくても大丈夫ですか?

骨の少ない方は骨を増やす手術(GBR法、サイナスリフト法、スプリットクレフト法など)を行えば、問題ありません。ただし、これらの手術には、外 科手術を必要とします。外科的な負担が少ない方がいいという方は、ショートインプラントなど負担が少ない方法を選択しております。

インプラントはどの歯科医師でもできますか?

基本的には、歯科医師免許さえあれば誰でもインプラント治療は可能です。とはいえ、大学病院などの施設でしっかり研修を積んできた歯科医師による治療が安全だと考えております。

なかには外科手術の経験が少ない歯科医師もいますので、よく質問し検討してください。

即日インプラント(その日のうちに歯が入るインプラント)はできますか?

患者さんの状態によります。具体的には骨の硬さとか、骨の厚みなどにより違いますが、状態がいい場合、その日のうちにインプラントを埋入し、仮歯を入れることができます。一度、ご相談ください。

インプラントに上にかぶせる「かぶせもの」が壊れることはありますか?

かぶせものは金属であれば壊れませんが、セラミックなどの素材では壊れたり、かけたりする事があります。とはいえ、保証期間がありますので保証期間内であれば保証内容にて再治療します。

インプラントができない人はいますか?

18歳未満、心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症など健康状態が著しく悪い方は適しておりません。心配な方はご相談ください。

金属アレルギーは大丈夫ですか?

インプラントはチタンでできています。

チタンは金属の中でもかなりアレルギーは少ない金属です。しかし、もしチタンアレルギーの方にインプラントを入れると、インプラントが抜けてきます。チタンアレルギーの疑いがある場合はパッチテストなどで調べる必要があります。

糖尿病ですが、インプラント治療はできますか?

糖尿病は一般的には、インプラント治療はできないとされています。しかし、医師の管理のもとで、コントロールされている軽度の糖尿病の方は治療を受ける事ができます。

ただし、患者さんによって症状が違いますので、ご相談の上最適な治療法を提案いたします。

噛み合わせが悪くても大丈夫ですか?

噛み合わせなどを含めて総合的に診断を行い、治療計画を立てますので、問題はほとんどありません。

2010年4月21日

奥歯をセラミックにしても割れませんか?

セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。かぶせものやつめものに使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。

歯と歯の隙間が気になるのですが......

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。

とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

セラミックは変色しませんか?

セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀歯のつめものを一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

審美歯科治療に保険は適用されますか?

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。

真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です。

歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的なつめもので」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。

またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。

どのくらいの期間で治りますか?

治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。

審美治療ってなんですか?

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。

「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。


2009年 « トップへ » 2011年


診療時間外はコールバック予約