トップへ » 院長あいさつ » 医師の夢を諦められなかった

医師の夢を諦められなかった

医師の夢を諦められなかった高校卒業時に進路を決めるにあたって、医師になろうと決めていました。しかし結局、入試や学費など諸事情で医学部には入学できませんでした。そこでいったん医師の夢を諦め、千葉大学工学部応用化学科に入学しました。

そこで専攻した化学や物理の勉強はとても楽しく、研究者という新たな目標を立てていた時期もありました。しかし、大学2年の夏、やはり医師の夢を捨てきれず、実習や試験の合間に受験勉強を再開。歯学部への再受験を決めました。その結果、鹿児島大学の歯学部に運よく入学することができたのです。

大学卒業後は、東京医科歯科大学の歯周病学講座の研修医としてスタート。ここでは、すべての歯科治療の基本である「歯周病」を基礎からきっちり勉強。当時学んだ経験は、血となり肉となり、現在の診療においても、非常に役に立っています。その後は数院の勤務医を経て、2006年にわかば歯科を開業いたしました。


トップへ » 院長あいさつ » 医師の夢を諦められなかった


診療時間外はコールバック予約