トップへ » 院長あいさつ » 患者さんの10年先を考える

患者さんの10年先を考える

患者さんの10年先を考える患者さんの中には"自分の身体は自分が分っている。自分の思い通りに治療してくれ"という方も稀にいます。とはいえ、患者さんのご要望をすべて受け入れるのは、医師として少し違うなと感じるのも事実です。

たとえば、多くの患者さんは歯を抜くのを嫌がりますが、長期的・総合的に判断すると、抜いたほうがよい結果が出るケースもある。そんな患者さんに「患者さんが抜きたくないとおっしゃったから......」と、悪い歯を放置してしまうような治療を提案してしまうのは、プロではないと思っています。

大切なのは、患者さんの5年、10年後。今さえよければという視点ではなく長期的な視点で物事を考え治療をいくつか提案する。その中からご自身にとって必要な治療をご自分で選択されることがベストだと考えています。

口元にコンプレックスをお持ちの方、よく噛めないなどのトラブルを抱えている方、ぜひ一度当院までご相談ください。総合的な見地から、あなたに一番合った治療法をご提案させていただきます。


トップへ » 院長あいさつ » 患者さんの10年先を考える


診療時間外はコールバック予約