トップへ » 当院の特徴 » 歯周病治療 » 【歯周内科】内服薬で歯周病を改善する

【歯周内科】内服薬で歯周病を改善する

歯周内科「プラークコントロールと歯周病菌を取り除くだけで、完全に歯周病が治りますか?」このような疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。一般的な歯周病の治療は、専用器具を使い、口腔内に溜まっている歯周病菌や歯石、汚れ(プラーク)を取り除き、歯周病の再発を防ぎます。

ところが一般的なこれらの治療では100%歯周病菌を取り除くことが難しく、その後のデンタルケアをおこなっても再発する可能性があります。そのため歯周病治療・予防には、歯周病菌を完全に取り除かなければなりません。そこで注目されているのが歯周内科です。

歯周内科とは、お薬を使った歯周病治療で、歯科医の処方に従いきちんと服用することで効果が得られます。今までの治療とは異なり、患者さんに苦痛を与えることがありません。新しい治療方法として注目されていますので、これからはからだの内側から歯周病を治す時代といえるでしょう。

治療の流れ
1.歯周病菌検査
顕微鏡で口腔内の歯周病菌を調べる

2.内服薬の服用
1日1回2錠剤服用

3.抗カビ剤によるハミガキ
抗カビ剤を歯ブラシにつけ、歯と歯ぐきの間を丁寧にブラッシングする

4.除菌後の歯石とり
薬の服用と並行し、歯石除去をおこなう


トップへ » 当院の特徴 » 歯周病治療 » 【歯周内科】内服薬で歯周病を改善する


診療時間外はコールバック予約